<< HOME /    OLDER >

再発リマスター盤『Kluster: 1970-1971』

Kluster 1970-1971

リリース元: water (2008年5月20日)
主な購入先: アマゾン アマゾン(マーケットプレイス) HMV

Disc One: Klopfzeichen
1. Kluster 1 (electric music) und Texts
2. Kluster 2 (electric music)

Disc Two: Zwei-Osterei
1. Electric Music und Texts
2. Kluster 4

Disc Three: Eruption
1. Eruption 1
2. Eruption 2

3枚組CDの本リリースは、Klusterの3作品『Klopfzeichen』、『Zwei-Osterei』、『Eruption』の、2008年再発リマスター盤です。(ディスク3の『Eruption』は、通称『SCHWARZ』のことです。)

本リリースには、12ページのブックレットが付いていて、英語のライナーノートや各3作品のクレジット等が掲載されています。
ジャケットの写真は、前列右がConさん、左がメビウス、後ろにいるのがローデリウスです。なお、Conさんによると、本リリースはConさん自身が主体となって再発したものではないそうです。

※正式なタイトルは、リリース前にアナウンスされていた 『Kluster: 1969-1971』から、『Kluster: 1970-1971』へと変更になりました。

| Kluster::音楽作品解説 | 11:39 PM | comments (3) | trackback (0) |

Kluster / ZWEI OSTEREI

【目次】

LP『ZWEI - OSTEREI』 オリジナル盤
LP『ZWEI - OSTEREI』 Schwann 1980年・再発盤
CD『ZWEI - OSTEREI』 ブートレッグ
CD『ZWEI - OSTEREI』 Hypnotic 1996年・再発盤
CD『ZWEI - OSTEREI』(イースターエッグ) キャプテントリップ 2006年・再発リマスター盤
3枚組CD『Kluster: 1970-1971』 Water 2008年・再発リマスター盤
CD/LP/ダウンロード『Kluster: ZWEI OSTEREI』 Bureau B 2012年・再発リマスター盤

===========================================

LP『ZWEI - OSTEREI』 オリジナル盤

Zwei-Osterei

リリース数: 300
リリース元: Schwann (1971年)

side one: Electric Music & Text (22:50)
side two: Kluster 4 (electric music) (22:09)

本作品は、1970年、LP『KLOPFZEICHEN』と同じ日に、コニープランクのスタジオでサウンドが録音されました。

なお、ドイツ人俳優Manfred PaetheによるA面の詩の朗読は、別の日に録音されたものです。朗読された詩のうち、スイスの著名な神学者クルト・マルティによる"ジョン F. ケネディ"に関する詩が、本リリースに付随したポスターの片面に、白抜きの赤で目立つように掲載されています。この短い詩の内容は、本作がリリースされた1971年当時から数えて8年前の1963年に暗殺されたケネディ大統領をポジティブに評価したものです。Conさんは、自身の作品に政治や宗教を持ち込まないスタンスを一切貫いていましたが、実は個人的にはベトナム戦争に反対していて、そのために英語ではなくドイツ語のKluster(クルスター)をバンド名にした経緯があります。ジョン F. ケネディはベトナム戦争を拡大させた張本人なので、複雑な心境だったのではないかと推察しています。

LP『ZWEI - OSTEREI』 Schwann 1980年・再発盤



リリース数: 2000
リリース元: Schwann (1980年)

side one: Electric Music & Text (22:50)
side two: Kluster 4 (electric music) (22:09)

本LPは、オリジナル盤をリリースしたSchwannより1980年に再発リリースされました。

CD『ZWEI - OSTEREI』 ブートレッグ

Kluster2 boot

タイトル: CLUSTER
リリース元: SGermanofon ‎(941027) (1995年)

1. 22`50
2. 22`09

本リリースはブートです。タイトルは『Cluster』ですが、内容は『ZWEI - OSTEREI』です。

●CD『ZWEI - OSTEREI』 Hypnotic 1996年・再発盤

Zwei-Osterei

リリース元: Hypnotic(Cleopatra傘下)(1996年)
リリース元: Think Progressive(1998年)
主な購入先: アマゾン HMV

1. Part One (22:36)
2. Part Two (22:16)
3. Cluster & Farnbauer Live at the Wiener Festwochen Alternativ 1980 (15:10)

本CDは、『KLOPFZEICHEN』と同様に、1996年に米国Hypnoticより再発リリースされた後、さらに1998年にはドイツのThink Progressiveからもリリースされました。
なお、ローデリウスとメビウスが主体となってリリースしたため、ボーナストラックには、(KのKluster~クルスターではなく)CのCluster~クラスター関連の音源が収録されています。また、ジャケットカバーアートはメビウスによるものです。

●CD『ZWEI - OSTEREI』(イースターエッグ) キャプテントリップ 2006年・再発リマスター盤

Zwei-Osterei

リリース数: 800
リリース元: キャプテントリップ・レコーズ (2006年)
主な購入先: アマゾン HMV

1. electric music und texte "電子音楽と詩" (22:30)
2. electric music (Kluster 4) "電子音楽(クラスター4)" (22:17)
3. KLUSTER-ERUPTION / COLD WINTER 1971 "クラスター・イラプション / 1971年の厳寒の冬" (14:57)

ボーナストラックの3トラック目は、Klusterからローデリウスとメビウスが抜けた後に、コンラッド・シュニッツラー、Klaus Freudigmann、Wolfgang Seidelの3人で行った未発表Kluster Eruptionセッションの音源です。

※関連項目: Kluster再発盤 (2006年4月5日発売)

●3枚組CD『Kluster: 1970-1971』 Water 2008年・再発リマスター盤

Kluster 1970-1971

詳細は、以下の関連項目を参照してください。

※関連項目: 再発リマスター盤『Kluster: 1970-1971』

●CD/LP/ダウンロード『Kluster: ZWEI OSTEREI』 Bureau B 2012年・再発リマスター盤



リリース元: Bureau B (BB111) (2012年6月29日)
主な購入先: アマゾン(CD)アマゾン(LP)HMV(CD)HMV(LP)

1. electric music und texte (22:31)
2. electric music (Kluster 4) (22:17)

本リリースは、2012年にドイツのBureau BレーベルよりCD、180グラムLPおよびダウンロードで再発されたリマスター盤です。

| Kluster::音楽作品解説 | 11:59 AM | comments (0) | trackback (0) |

Kluster / KLOPFZEICHEN

【目次】

LP『KLOPFZEICHEN』 オリジナル盤
LP『KLOPFZEICHEN』 Schwann 1980年・再発盤
CD『KLOPFZEICHEN』 Hypnotic 1996年・再発盤
CD『KLOPFZEICHEN』(クロップツァイヒェン) キャプテントリップ 2006年・再発リマスター盤
3枚組CD『Kluster: 1970-1971』 Water 2008年・再発リマスター盤
CD/LP/ダウンロード『KLOPFZEICHEN』 Bureau B 2012年・再発リマスター盤

===========================================

●LP『KLOPFZEICHEN』 オリジナル盤

Klopzeichen

リリース数: 300
リリース元: Schwann (1970年)

side one: Kluster 1 (electric music & text) (24:00)
side two: Kluster 2 (electric music) (21:51)

デュッセルドルフのOskar Gottlieb Blarrは、キリスト教会に関わる音楽プロデューサーで、Conさんの古くからの友人でもありました。あるときOskarが、教会向けの新しい音楽を募集したところ、Conさんがそれを見つけて連絡を取り、Klusterが本作品の音楽を担当することとなりました。ただし、あくまでもキリスト教の教義に沿った作品である必要があったため、A面にキリスト教的な内容の詩の朗読が盛り込まれています。なお、レコードをリリースしたレーベルSchwannもまた、キリスト教に深く関わるレーベルです。

本作品は、1970年にコニープランクのスタジオで制作されました。メンバーは、Conさんの他、ローデリウスとメビウスの3名ですが、そのコンセプトは、まさにConさんが以前から行っていた「メロディアスな要素のない新しい音楽」でした。演奏は即興によるもので、エレキギターや電子オルガンの他、ピアノ、チェロ、フルートといったアコースティック楽器に、エコーなどのエフェクトやフィードバックが掛けられました。本作のクレジットには「Ensemble Kluster ~ (アンサンブル・クルスター)」と表記されています。

A面の詩の朗読を行っているのは、Conさんの最初の奥さん Christa Schnitzler Rungeさんです。Christaさんは、当時、Eruptionのライブセッションにも参加するなど、Conさんと活動を共にすることがありました。

●LP『KLOPFZEICHEN』 Schwann 1980年・再発盤



リリース数: 2000
リリース元: Schwann (1980年)

Seite 1: electric music und Texte (24')
Seite 2: electric music (Kluster 2) (21'51)

本LPは、オリジナル盤をリリースしたSchwannより1980年に再発リリースされました。

●CD『KLOPFZEICHEN』 Hypnotic 1996年・再発盤

Klopzeichen

リリース元: Hypnotic(Cleopatra傘下)(1996年)
リリース元: Think Progressive(1998年)
主な購入先: アマゾン HMV

1. Part One (23:31)
2. Part Two (21:34)
3. Cluster & Farnbauer Live at the Wiener Festwochen Alternativ 1980 (15:56)

本CDは、1996年に米国Hypnoticより再発リリースされた後、さらに1998年にはドイツのThink Progressiveからもリリースされました。
なお、ローデリウスとメビウスが主体となってリリースしたため、ボーナストラックには、(KのKluster~クルスターではなく)CのCluster~クラスター関連の音源が収録されています。また、ジャケットカバーアートはメビウスによるものです。

●CD『KLOPFZEICHEN』(クロップツァイヒェン) キャプテントリップ 2006年・再発リマスター盤

Klopzeichen

リリース数: 800
リリース元: キャプテントリップ・レコーズ (2006年)
主な購入先: アマゾン HMV

1. Kluster 1 (electric music) und Texte "クラスター1" (23:33)
2. Kluster 2 (electric music) "クラスター2" (21:36)
3. KLUSTER-ERUPTION / BLACK SPRING 1971 "クラスター・イラプション / 1971年の黒い春" (15:52)

本CDは、2006年にキャプテントリップより再発リリースされたリマスター盤です。3トラック目のボーナストラックは、Kluster~クルスターからローデリウスとメビウスが抜けた後に、Conさんがクラウス・フロイディグマン、ヴォルフガング・ザイデルと3人で行ったKluster Eruptionセッションから抜粋された音源です。なお、本リリースにはドイツ語の語りのスクリプトやその和訳が付いてくる他、ジャケットの装丁は、オリジナルLP盤の特殊加工をCDサイズで忠実に再現したものとなっています。その拘りのリリースへの反響は大きく、当時、強い要望によりヨーロッパ向けに再プレスされました。

※関連項目: Kluster再発盤 (2006年4月5日発売)

●3枚組CD『Kluster: 1970-1971』 Water 2008年・再発リマスター盤

Kluster 1970-1971

詳細は、以下の関連項目を参照してください。

※関連項目: 再発リマスター盤『Kluster: 1970-1971』

●CD/LP/ダウンロード『KLOPFZEICHEN』 Bureau B 2012年・再発リマスター盤



リリース元: Bureau B (BB110) (2012年6月29日)
主な購入先: アマゾン(CD)アマゾン(LP)HMV(CD)HMV(LP)

1. Kluster 1 (electric music und texte) (23:33)
2. Kluster 2 (electric music) (21:38)

本リリースは、2012年にドイツのBureau BレーベルよりCD、180グラムLPおよびダウンロードで再発されたリマスター盤です。

| Kluster::音楽作品解説 | 01:27 PM | comments (0) | trackback (0) |

Con-tinue Kluster / Kluster 2012、リリースされました!



1. (1:03:14)

リリース元: Real Vine Music (2013年6月23日)
購入先: Ooysterecord (日本限定仕様版) (日本)

参加メンバー:
Conrad Schnitzler
Wolfgang Seidel
Michael Thomas Roe
Masato Ooyama

アメリカ人アーティストMichael Thomas Roe、日本人アーティストOoy、Conさんの3人で活動していたKluster CMOは、Conさんの亡くなられた後、新たにヴォルフガング・ザイデルさんをメンバーに加え、グループ名もCon-tinue Kluster(コン・ティニュー・クルスター)に改めることとなりました。

ヴォルフガング・ザイデルさんからのメッセージ:
「さあ、“Klusterを続けて”いこう。Conradのやり方で -- 本当に他のどこにもない、独自のやり方で」

本作のリリースは、Conさんから、生前、最後に送られてきたメールにより決まったとのことです。
現在、日本限定仕様のアートワークによるCD-Rの販売を開始しました。
(さらに米国仕様版が、異なるスタイルでリリースされる予定です。)

63分14秒ノンストップの本作の作風は、正にKlusterそのものです!なお、ときどきミックスされるピアノのサウンドは、Conさんのマテリアルと思われます。

| Kluster::音楽作品解説 | 10:50 AM | comments (0) | trackback (0) |

Kluster / 8枚組LPボックス『Klusterstrasse 69-72』、2012年6月22日リリース!



リリース数: 500
リリース元: Vinyl-On-Demand (VOD102)
主な購入先: Vinyl-On-Demand (ドイツ)
試聴: Vinyl-On-Demand

A:
1. Aktion1 04 (5:40)
2.      08 (5:58)
3.      09 (9:25)
4. Aktion2 09 (4:03)
5.      10 (2:41)
B:
1. Aktion2 12 (2:17)
2.      22 (1:51)
3.      23 (4:28)
4. Aktion3 01 (3:49)
5.      02 (4:30)
6.      03 (5:09)
7. Aktion4 04 (5:54)

C:
1. Aktion4 03 (7:51)
2. Aktion5 03 (20:03)
D:
1. Aktion4 04 (11:54)
2. Aktion6 03 (16:01)

E:
1. Aktion7 01 (10:16)
2.      02 (10:54)
3.      03 (6:39)
F:
1. Aktion7 04 (9:44)
2.      05 (11:15)
3.      06 (6:53)

G:
1. Aktion8 01 (11:00)
2.      02 (7:49)
3.      03 (9:01)
H:
1. Aktion8 04 (7:44)
2.      05 (5:46)
3.      06 (6:24)
4.      07 (8:09)

I:
1. Aktion9 01 (7:49)
2.      02 (9:02)
3.      03 (6:32)
4.      04 (4:42)
J:
1. Aktion9 05 (10:13)
2.      06 (9:58)
3.      07 (7:46)

K:
1. Aktion10 01 (27:57)
L:
1. Aktion10 02 (28:00)

M:
1. Aktion11 02 (28:00)
N:
1. Aktion11 01 (9:15)
2.      03 (9:58)
3.      04 (8:40)

O:
1. Aktion12 01 (10:59)
2.      02 (9:18)
3.      03 (7:43)
P:
1. Aktion12 04 (10:02)
2.      05 (10:46)
3.      06 (7:01)

Klusterの8枚組LPボックス『Klusterstrasse 69-72』が、2012年6月22日にドイツのVinyl-On-Demandより500部限定でリリースされました。

リリース元によれば、この作品はKluster and friendsの未発表音源とのことです。ただし、実物を確認したところ、A~D面のAktion1~Aktion6のみ、以前Qbicoからリリースされた6枚組LPボックス『KLUSTER AND FRIENDS 1969-1972』、および2枚組LP『KLUSTER AND FRIENDS 1969-1972』 (OMICRON)と同じ音源からの抜粋であることが分かりました。例えば、『KLUSTER AND FRIENDS 1969-1972』の26枚(シリアルA-Z)のみの限定装丁版に付いていたボーナスLP "EX PLUS"は、その約21分のうち最初の16分を、本リリースのD面2トラック目のAktion6 03で聴くことができます。

なお、ヴォルフガング・ザイデルさんによる本リリースのライナーノートには、以前キャプテントリップから再発された『KLOPFZEICHEN』のボーナス・トラック"BLACK SPRING 1971"と『ZWEI - OSTEREI』のボーナス・トラック"COLD WINTER 1971"が本リリースと同じ音源からの抜粋であることが記載されています。(ただし、実際に、本リリースに収録されたトラックと重複があるかなど、詳細は不明です。)

箱の表面には、黒地にテイストが異なる黒でKlusterと書かれています。(黒地に黒の文字は、Conさんが大好きな色の取り合わせです。)


箱を開けると、中には4つの2枚組見開きジャケットが収納されていて、各ジャケットにLPが2枚ずつ入っています。また、シリアル番号入りのカードが付いています。


ジャケットには、69~72年当時を思い起こさせるようなものがモチーフとして描かれています。例えば、当時走っていた旧式のワーゲンのバスが描かれています。そういえばConさんは、70年代初頭、一時期、古くなったバスを家代わりにして暮らしていたことがあった、と本人より聞いたことがあります。バスの絵を描いた人が、果たしてそこまで意図していたかは分かりませんが。。

また、見開きジャケットを開けると、内側には色々な文章などが記載されています。その中には、本サイトの英語ページに元々掲載されていたテキストも一部含まれます。


なお、Vinyl-On-Demandの会員になると、ボーナスとしてさらに様々なカードが付きます。これらのカードには、4つのジャケットに描かれている絵と同様、当時を思い起こさせるような様々なものがモチーフとして描かれています。まるで、記憶の続く限り、当時のものを一つ一つ思い浮かべて、カードに描いていったという感じです。

| Kluster::音楽作品解説 | 03:10 PM | comments (0) | trackback (0) |

<< HOME / TOP /    OLDER >

ARCHIVES

<前月 2018年11月 次月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

RECENT ARTICLES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK


CATEGORIES

LINKS

NEWS

POWERED BY