<< HOME / < NEWER   OLDER >

Con-Hertz / Contrasts

【目次】

Con-Hertz / 2本組90分カセット『Contrasts』
Con-Hertz / Contrasts、デジタル再発リリース
Con-Hertz / Contrasts、CD-R再発リリース

===========================================

Con-Hertz / 2本組90分カセット『Contrasts』



リリース元:Auricle (1987年)
リリース数: 200
主な購入先: Ultimathule (英国)

Side A:
Con Brio (Parts 1-24) 40'38"
Side B:
Con Spirito (Parts 1-28) 41'16"
Side C:
Con Fuoco (Parts 1-11) 37'42"
Side D:
Con Dolore 18'55"
Con Moto (Parts 1-9) 19'49"

Conrad Schnitzler:composing
Wolfgang Hertz:voicing

本作品は、1987年に90分カセット2本組でリリースされた、Conさんとヴォルフガング・ヘルツのコラボレート作品です。Conさんによる作曲・打ち込みを元に、ヴォルフガング・ヘルツが音色を決め、サウンドを生成しています。なお、本作は1986年12月~1987年1月に掛けて制作されたものですが、1987年にリリースされたLP『CONGRATULACION』の収録作品のうち、一部の作品のアーリー・バージョンが含まれています。

最初の100部はシリアル番号入り。また、最初の120部のみ、ジャケットの装丁がカード紙。

Con-Hertz / Contrasts、デジタル再発リリース



リリース元:Auricle AMDL 009-010 (2012年1月31日)
購入先: Con-Hertz (Ultimathule) CD1 + CD2 (※試聴あり)

◇ CD1:
A: CON BRIO [40'58"]
1. Con Brio 1 1'36"
2. Con Brio 2 2'47"
3. Con Brio 3 1'31"
4. Con Brio 4 1'33"
5. Con Brio 5 1'40"
6. Con Brio 6 0'55"
7. Con Brio 7 1'34"
8. Con Brio 8 0'43"
9. Con Brio 9 1'11"
10. Con Brio 10 2'34"
11. Con Brio 11 2'22"
12. Con Brio 12 0'56"
13. Con Brio 13 1'07"
14. Con Brio 14 1'31"
15. Con Brio 15 0'38"
16. Con Brio 16 2'54"
17. Con Brio 17 1'05"
18. Con Brio 18 1'27"
19. Con Brio 19 2'54"
20. Con Brio 20 3'20"
21. Con Brio 21 0'46"
22. Con Brio 22 1'46"
23. Con Brio 23 1'35"
24. Con Brio 24 1'12"
D: CON DOLORE
25. Con Dolore 19'07"
D: CON MOTO [19'57"]
26. Con Moto 1 2'15"
27. Con Moto 2 1'49"
28. Con Moto 3 2'20"
29. Con Moto 4 2'30"
30. Con Moto 5 2'11"
31. Con Moto 6 2'22"
32. Con Moto 7 1'48"
33. Con Moto 8 2'08"
34. Con Moto 9 2'06"

◇ CD2:
B: CON SPIRITO [41'52"]
1. Con Spirito 1 1'56"
2. Con Spirito 2 1'41"
3. Con Spirito 3 1'22"
4. Con Spirito 4 1'59"
5. Con Spirito 5 1'56"
6. Con Spirito 6 1'28"
7. Con Spirito 7 1'27"
8. Con Spirito 8 1'25"
9. Con Spirito 9 1'13"
10. Con Spirito 10 1'10"
11. Con Spirito 11 1'44"
12. Con Spirito 12 1'22"
13. Con Spirito 13 2'00"
14. Con Spirito 14 1'28"
15. Con Spirito 15 1'44"
16. Con Spirito 16 1'36"
17. Con Spirito 17 0'35"
18. Con Spirito 18 1'42"
19. Con Spirito 19 1'40"
20. Con Spirito 20 1'02"
21. Con Spirito 21 1'44"
22. Con Spirito 22 1'15"
23. Con Spirito 23 0'50"
24. Con Spirito 24 1'28"
25. Con Spirito 25 1'11"
26. Con Spirito 26 1'11"
27. Con Spirito 27 1'10"
28. Con Spirito 28 1'24"
C: CON FUOCO [37'42"]
29. Con Fuoco 1 2'14"
30. Con Fuoco 2 12'01"
31. Con Fuoco 3 2'20"
32. Con Fuoco 4 2'11"
33. Con Fuoco 5 2'51"
34. Con Fuoco 6 2'33"
35. Con Fuoco 7 2'22"
36. Con Fuoco 8 2'58"
37. Con Fuoco 9 2'18"
38. Con Fuoco 10 3'10"
39. Con Fuoco 11 2'14"

本作品は、カセットテープ作品『Contrasts』のマスター・テープから起こした、デジタル・リマスター再発版です。本リリースは、CD1とCD2の2つに分けてダウンロード販売しています。(購入後にCD-Rに焼くことを考慮して、すべてのトラックがCD-Rに収まり切るよう、CD1にはSideA とSideD、CD2にはSideBとSideCが収録されています。)なお、一部のトラックは購入先サイトより試聴することができます。ダウンロードのファイル形式は6種類です。(MP3 320, FLAC, MP3 VBR (V0), AAC, Ogg Vorbis, ALAC)

Con-Hertz / Contrasts、CD-R再発リリース



2016年より、ダウンロード再発版が2枚組CD-Rのフォーマットでも提供されています。英国のUltima Thule Recordsが公式販売しています。

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 12:16 PM | comments (0) | trackback (0) |

『CON-MYTHOLOGY 2017』



ジェン・ケン・モンゴメリーは、今年もConさんを偲んで、米国ニューヨークのControlで『CON-MYTHOLOGY 2017』のイベントを8/4~6に開催しました。
連日のビデオ上映の他、8/6には2台のカセット・プレーヤーを用いたミニ・カセット・コン・サート「ミュージック・イン・ザ・ダーク」も行われました。

| Conrad Schnitzler::イベント情報 | 09:39 AM | comments (0) | trackback (0) |

ジェン・ケン・モンゴメリー、80年代末に日本のテレビ番組に出たことも

1989年に、日本の民放テレビ番組で、米国ニューヨークのGenerator Sound Art Galeryを紹介した際の貴重な映像が公開されています。ジェン・ケン・モンゴメリーが登場し、活動内容を手短に説明しています。(ただし字幕では、間違ってジョン・ケンと記載されています。)また、字幕には出てきませんが、世界中の人々とカセットをやり取りしながらコラボして、音楽を制作していることについても触れていました。

なお、同じ年にリリースされたConさんのCD『CONSTELLATIONS』の(火星の人面岩の)ジャケットも写っています。


動画はこちらから: https://archive.org/details/XFR_2013-08-09_1A_01

| Conrad Schnitzler::Conさん あれこれ | 01:05 PM | comments (0) | trackback (0) |

Conrad Schnitzler / CON Live 10.10.84



Side A (31:06)
Side B (30:53)

リリース数: 100
リリース元: Further Records (2010年3月29日)

本リリースは、1984年にリリースされたカセットテープ作品『CON 84』に収録されていた '10.10.84'の再発版で、2010年に、100本限定で米国Further Recordsより60分カセットテープでリリースされました。

なお、オリジナルのリリースでは90分カセットの片面に本作品(約40分)が収録されていましたが、本リリースでは、本編が終わるB面8:30頃以降、ボーナストラックとして、'10.10.84'の短いバージョン(約22分)が収録されています。この短いバージョンは、最初と最後の部分はオリジナル・バージョンと同じですが、途中の部分を編集で短くつないでいます。

ところで、本再発リリースのタイトルに"Live"と付いていますが、実際はライブ作品ではありません。正しくは、いわゆるコン・サート作品となります。

※関連項目:
カセット 『CON 84』
カセット『10.10.84』

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 12:16 PM | comments (0) | trackback (0) |

『CON-MYTHOLOGY 2016』

2016年は、Conさんがお亡くなりになってから丸5年となる節目の年でした。この年の夏から秋にかけて、米国ニューヨーク在住のジェン・ケン・モンゴメリーは、Conさんを偲んで、『CON-MYTHOLOGY 2016』の名の元に、彼の地元ニューヨークの他、米国サンフランシスコやドイツのベルリン、英国ロンドンで、合計10のイベントを開催しました。

以下は、開催内容です。無料の動画やサウンド・アーカイブが多数公開されているので、ぜひアクセスしてみてください。

●CON-MYTHOLOGY 2016の「概要紹介ビデオ」はこちら。

●CON-MYTHOLOGY 2016のイベント終了後に制作された、まとめビデオPart I~IIIはこちら。

Con Mythology 2016 Recap Part I
Con Mythology 2016 Recap Part II
Con Mythology 2016 Recap Part III

●米国Controlのオンラインショップで、Con Mythology 2016の公式Tシャツ(限定品)が販売中です。デザインは、店名にちなんで、LP/CD『Control』のジャケットをモチーフにしていて、黒・白・グレーの3色があります。収益は、全額Con Mythologyの今後の活動費に寄付されます。

~~ ここより下は、個々のイベントです ~~

●7月23日 ニューヨークにてConさんのコン・サート開催

米国時間2016年7月23日、ニューヨーク、ブルックリンのSilent Barnにて開催された"NO MORE TANGLES FEST:"の一部として、ジェン・ケン・モンゴメリーによるConさんの8チャンネル・スピーカーのカセット・コン・サートが行われました。

●8月11日~9月11日、ベルリンにてConさんのビデオ上映

ドイツ時間2016年8月11日~9月11日の期間、ベルリンのDER KOTTI-SHOPにてConさんのビデオ・インスタレーションが行われました。

●8月12日、ベルリンにてConさんのコン・サート開催

ドイツ時間2016年8月12日、ベルリンのSPEKTRUMにてカセット・コン・サートが行われました。この催しには、ジェン・ケン・モンゴメリーとヴォルフガング・ザイデルさんの他、Chris Penalosa、Doron Sadjaが出演しました。当日のビデオはこちら。また、ヴォルフガング・ザイデルさんがConさんのEMS Synthi Aを使ったパフォーマンスのビデオはこちら。

●8月15日、インターネット・ラジオubRadioにてConさんのコン・サートがオンエアー

日本時間2016年8月15日午前9~11時、インターネット・ラジオubRadio-Salon/dfmにて特別番組"CON on ubRadio hosted by Das."がオンエアーされました。当日の録音はこちら。

●8月26~28日、ニューヨークにてConさんの私物を展示

米国2016年8月26~28日、ニューヨークのControlにてConさんの私物の展示が行われました。なお、8月26日の午後6~8時にオープニング・セレモニーが行われました。

●8月27日、ロンドンで「カセット・コン・サートの日」を開催

英国2016年8月27日、午後12~6時、ロンドンのレコードCDショップElectric Knife Recordsで'Cassette CONcert Day'(カセット・コン・サートの日)が開催されました。Red Cassetteを4~5台のカセットプレーヤーで流しながら、店の周りをぐるぐる回るイベントです。

●9月8日、サンフランシスコ・エレクトロニック・ミュージック・フェスティバルでConさんのコン・サート

米国2016年9月8日午後7時より、SAN FRANCISCO ELECTRONIC MUSIC FESTIVALにてジェン・ケン・モンゴメリーによるConさんの8チャンネル・スピーカーのカセット・コン・サートが行われました。

●9月9~11日、サンフランシスコで「Conさんのイメージ・私物の展示」と「KLANGWOLKEのパフォーマンス・イベント」

米国2016年9月9~11日、サンフランシスコのAdobe BooksにてConさんのイメージと私物が展示されました。また、9月10日午後4時より、ジェン・ケン・モンゴメリーが"KLANGWOLKE" (Living Soundcloud)のパフォーマンス・イベントを行いました。Adobe Booksから別の場所まで、参加者とともにRed Cassetteをカセットプレーヤーで流しながら行進するイベントです。当日のビデオはこちらこちら

●ラジオKOWS FMの番組

北カリフォルニアのSonoma郡向けのラジオKOWS FMの番組「Don Campau's No Pigeonholes」でConさん関連の番組が放送されました。

●9月11日、ラジオKPFAの番組にジェン・ケン・モンゴメリーが出演

米国9月11日の夜、カリフォルニア州バークレーのラジオKPFAのThomas Dimuzioの番組「Frequency Modulation」にジェン・ケン・モンゴメリーが出演しました。

| Conrad Schnitzler::イベント情報 | 01:00 PM | comments (0) | trackback (0) |

<< HOME / TOP / < NEWER   OLDER >

ARCHIVES

<前月 2018年10月 次月>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

RECENT ARTICLES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK


CATEGORIES

LINKS

NEWS

POWERED BY