<< HOME / < NEWER   OLDER >

CD/LP/DL 『Filmmusik 2』、2017年2月10日リリース!!



リリース元: bureau B (BB245)
試聴: SoundCloud
主な購入先: アマゾン(CD) アマゾン(LP) HMV(CD) HMV(LP)

CDのトラック:
1. 05/1975 B (6:11)
2. 05/1975 A (4:29)
3. 12/1975 A (1:53)
4. 14/1975 A (2:21)
5. 03/1975 A (3:54)
6. Lichtpunkte Und Schwarze Zeichen (23:30)

LPのトラック:
A1. 05/1975 B (6:11)
A2. 05/1975 A (4:29)
A3. 12/1975 A (1:53)
A4. 14/1975 A (2:21)
A5. 03/1975 A (3:54)
B1. Lichtpunkte Und Schwarze Zeichen (23:30)

本作は、Filmmusikシリーズ全2タイトル中の第2集で、前作の第1集『Filmmusik 1』に収録しきれなかった5トラックが収録されている他、以前よりCD化の要望が高かった1978年の映像作品"Lichtpunkte und Schwarze Zeichen"の音源が6トラック目に収録されています。この曲は23分半の大作で、9分半の前半"Lichtpunkte"(光の点、の意味)と14分の後半"Schwarze Zeichen"(黒のシンボルマーク、の意味)の2つのパートに分かれています。いずれのトラックも、生前Conさんが制作した音源をリマスタリングしたものです。

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 09:30 AM | comments (0) | trackback (0) |

CD/LP/DL 『Filmmusik 1』、2016年10月28日リリースされました!!



リリース元: bureau B (BB244)
主な購入先: アマゾン(CD) アマゾン(LP) HMV(CD) HMV(LP)
試聴: SoundCloud

●CDのトラックリスト:

1. 03/1980 (5:05)
2. 10/1975 (3:57)
3. 04/1980 (4:12)
4. 10/1980 (3:29)
5. 12/1980 (1:54)
6. 09/1975 (3:14)
7. 02/1980 (6:55)
8. 07/1980 (4:04)
9. 08/1975 (4:54)
10. 01/1980 (4:39)

●LPのトラックリスト:

Side A
1. 03/1980 (5:05)
2. 10/1975 (3:57)
3. 04/1980 (4:12)
4. 10/1980 (3:29)
5. 12/1980 (1:54)
6. 09/1975 (3:14)

Side B
1. 02/1980 (6:55)
2. 07/1980 (4:04)
3. 08/1975 (4:54)
4. 01/1980 (4:39)

2016年10月28日、ドイツのbureau BレーベルよりCD/LP/ダウンロードの各形式で『Filmmusik 1』がリリースされました。内容は、2011年10月にQbicoよりリリースされた10枚組ボックスセット『omicron, rho, sigma, tau, upsilon, chi, psi, omega』に含まれるLP『CONRAD SCHNITZLER- Film music 1975』の元となった2枚組プライベートリリースCD-R『FilmMusik 1975 A』および『FilmMusik 1975 B』から選曲されたトラックです。SoundCloudより試聴できます。

ただし、レーベル側の認識違いにより、『FilmMusik 1975 A』および『FilmMusik 1980 B』からの選曲とされていて、タイトルもそれに準じたものとなっています。後日、私の方でレーベルに連絡したところ、第2集『Filmmusik 2』のライナーノートにて、その件について訂正していただくことになりました。誠実な対応でよかったと思います。

ちなみに、本作に収録された10トラック中7トラックはQbico盤にも収録されていますが、Qbico盤の場合、冒頭部が数秒カットされているトラックがあります。

なお、7トラック目(LPのB面1曲目)"02/1980"は、『CON videos 1970's』の12トラック目のビデオ"Gute Fahrt"に使用されている曲です。実は、私が個人的にこのビデオの曲を気に入り、生前ConさんにCD-R化をリクエストしたところ、古いアーカイブから前述の2枚組CD-Rを制作してくれた、という経緯があります。今回、CD-R版の音源をリマスタリングした正式リリースに至り、非常に感慨深いものがあります。

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 10:26 AM | comments (0) | trackback (0) |

Konrad Schnitzler / ERUPTION ボックスセット

●『ERUPTION』

Work in progress

・LP "Eruption" (Schwarz)
side one: Eruption 1 (31:04)
side two: Eruption 2 (25:30)

・LP "Rot"
side one: Meditation (20:00)
side two: Krautrock (20:10)

・LP "Blau"
side one: Die Rebellen Haben Sich In Den Bergen Versteckt (19:00)
side two: Jupiter (20:00)

・カセットテープ "Work In Progress 1974"
side one: Detail Aus Work In Progress (30:00)

リリース数: 100
リリース元: Edition Block (1974年)

LP『Eruption』(Schwarz) 、『Rot』、『Blau』の3枚とカセット作品『Work In Progress』のボックス・セット。カセット作品『Work In Progress 1974』は、"50時間ライブ"の音源を30分ごとに100本のテープに分割したうちの1本。つまり、内容の異なるカセットテープが100部のボックス・セットのそれぞれに含まれています。しかも、それらはマスターテープだと言われています。この50時間ライブは、1974年4月に、1日当たり3~5時間のライブを計12回行ったもので、合計50時間に渡るセッションでした。(よく勘違いされるのですが、50時間ぶっ通しで行われたわけではありません。)

なお、本作品はシリアルナンバー入りで、インサートが付いています。(片面に本作のタイトル”ERUPTION”と曲名等、もう片面に楽譜が書かれています。)さらに、最初の20部のみ布装丁で、追加分の楽譜のインサート(6枚)が付いています。

※本リリースのタイトルは『ERUPTION』が正式名称です。『Work In Progress』というタイトルで呼ばれることがありますが、それは、本リリースに含まれるカセットテープ作品のタイトルです。(Conさん本人は、本作を"ERUPTION BOX"と呼んでいました。)

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 11:52 AM | comments (0) | trackback (0) |

『GOLD』

【目次】

オリジナル版CD『GOLD』
CD/LP/DL再発版『GOLD』

===================================================

●オリジナル版CD『GOLD』

Gold

リリース元:MARGINAL TALENT (2003年5月1日)
主な購入先: アマゾン

1-14

全14トラック、すべて曲名はありません。また、GOLD一色で何も書かれていない10ページのライナーノート(?)が付いています。(同じくMarginal Talentから2001年に再発された『BLAU』のCD版と同じパターンです。)

多くの曲にははっきりとしたメロディーがあるため、かなり聞きやすい部類に入ると思います。6曲目は、CD『Contakt』に収録された3曲目の初期ミックスと思われます。Conさん本人に確認したところ、これらの音源はすべて1974-1978年に友人宅で録音されたもので、友人によってテープが保管されていたそうです。とはいえ、実際にはデジタル音源が使用されているため、都合により録音し直したと考えるのが妥当かと思います。(息子の家から見つかったという話もありますが、Conさん曰く、それは事実ではないそうです。)

同じように友だちによって保管されていた70年代の別のテープは、後に『SILVER』としてリリースされましたが、Conさんによれば、その他にもまだ同年代のテープのストックが残っているとのことでした。レコード・レーベルの方は、是非『プラチナ』(?)や『ブロンズ』(??)のリリースのご検討を!

●CD/LP/DL再発版『GOLD』



リリース元: Bureau B (BB 150) (2013年11月8日)
主な購入先: アマゾン(CD) アマゾン(LP) HMV(CD) HMV(LP)
試聴: Bureau B

1-14

本作は、2013年11月8日、ドイツのBureau Bレーベルよりデジパック仕様のCD、180グラムLPおよびダウンロードでリリースされた、デジタル・リマスター再発版『GOLD』です。ライナーノートが付いています。

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 06:37 PM | comments (0) | trackback (0) |

Conrad Schnitzler / Schneider TM: 『CON-STRUCT』、2016年11月18日リリース!



リリース元: bureau B (BB252) (2016年11月18日)
主な購入先: アマゾン(CD) アマゾン(LP) HMV(CD) HMV(LP)
試聴: SoundCloud
公式ビデオ: YouTube

1. Doozer (4:28)
2. Dabb (3:56)
3. Wollwachsalkohol (3:16)
4. Parabelflug (7:12)
5. Inspektion (3:23)
6. Wie Geht Die (3:28)
7. Wurmloch (23:51)

Con-structシリーズの第4弾『CON-STRUCT』が、11月18日にCD、LP(CD付き)、ダウンロードでドイツのbureau Bよりリリースされました。Con-structのコンセプトは、Conさんのソロ・トラックに他のアーティストがサウンドを重ねて作品を構築(Construct)するものですが、今回は、Schneider TMがオファーされました。

本作品の内容は、Conさんの存在感あるソロ・ヴォイス作品のみを音素材として、リアルタイムにミックスしたコン・サート作品となっています。Conさん独自のユニークな感性を尊重したミックスに仕上がっていて、その分完成度も高く、成功した作品といえると思います。Conさんもきっと喜んでいることと思います。

Schneider TMのコメント:
Con-structシリーズに誘ってもらい、とても幸せだし光栄だ。今回、コンラッドの霊をなるべく間近に感じたかったので、あたかも同じ部屋で彼とコラボしているかのように、彼のサウンドを流しながら、リアルタイムに音の編集や処理を行った。まるで、ライブ・コンサートのような感じで。今回録音したものは、すべてコンラッドのサウンドのみで、私はそれを自分のシステムに通し、ライブで音処理した。セッションの間、私はまるで彼と会話しているかのような感覚だった。実は、彼の未亡人ギゼラ(ギル)・シュニッツラーと会った時に、彼女が言っていたのは、亡くなってから5年たった今でも、毎晩彼女はコンラッドと話をしているとのことだった。だから、彼は絶対まだその辺にいるんだと思った。コンラッド、このような体験をさせてもらい、とても感謝している!

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 02:15 PM | comments (0) | trackback (0) |

<< HOME / TOP / < NEWER   OLDER >


CATEGORIES

LINKS

NEWS

POWERED BY