<< HOME / < NEWER   OLDER >

CONRAD SCHNITZLER & GEN KEN MONTGOMERY / 60分完全版の再発カセット 『GENCON - NEW DRAMATIC ELECTRONIC MUSIC』のダウンロード版

【目次】

CONRAD SCHNITZLER & GEN KEN MONTGOMERY / オリジナルLP版 『CONGEN - NEW DRAMATIC ELECTRONIC MUSIC』
CONRAD SCHNITZLER & GEN KEN MONTGOMERY / 60分完全版の再発カセット 『GENCON - NEW DRAMATIC ELECTRONIC MUSIC』
CONRAD SCHNITZLER & GEN KEN MONTGOMERY / 60分完全版の再発カセット 『GENCON - NEW DRAMATIC ELECTRONIC MUSIC』のダウンロード版

===================================================

●CONRAD SCHNITZLER & GEN KEN MONTGOMERY / オリジナルLP版 『CONGEN - NEW DRAMATIC ELECTRONIC MUSIC』



リリース数: 1000
リリース元: Generations Unlimited GC-LP02 (1988年)

Side one:
1. MY FATHER'S HOUSE
2. TSCHERNOBYL
3. OH GOTT!
4. COLD BLACKSMITH
5. WE TAKE CHANCES
6. PICTURES
7. DEVIL, CHILLI & BEANS
8. EAR CRY
Side two:
1. The STORY: IN 8 PARTS
FIRST MOVEMENT ERUPTION TWO
SECOND MOVEMENT RESOLUTION FACADE
THIRD MOVEMENT GRAVE REALISATION TRANSFORMS TO EXCITMENT
FOURTH MOVEMENT HEARING THE CALL
FIFTH MOVEMENT TIME FOR CONTEMPLATION

TO BE CONTINUED...

1988年の米国Generations Unlimitedより1000枚限定でリリースされた本LPは、Conさんとジェン・ケン・モンゴメリーとのコラボレーションによる作品です。クレジットによると、A面は1988年に、B面は1987年に、それぞれベルリンにあるConさんの自宅スタジオで収録されたとのことです。

本作のプロジェクトは、LPがリリースされる2年前にはすでに始まっていて、まずはアーリー・バージョンが、60分カセット作品『GENCON PRODUCTIONS』という形で1986年にリリースされています。そしてさらに内容を煮詰め直し、本LPのリリースに至った、という経緯があります。そのため、カセットの『GENCON PRODUCTIONS』では、本作の収録曲中、いくつかの曲の別バージョンを聴くことができます。

本作では、サウンドの多くがノイズとして用いられています。ただしノイズといっても、聴き心地が極端に悪い、苦痛を伴う類のものではなく、例えば有機的な音色のノイズとか聴き心地のいいノイズとかです。人の声やバイオリンの音色さえも、本作ではノイズの括りに入れることができそうに思えます。

なお、本作には、より音楽的なトラックも収録されています。例えば、前年の1987年にリリースされたLP『CONGRATULACION』から2曲が別バージョンで収録されていますが、それらはいずれも音楽的なトラックです。A面5トラック目の"We take chances"は、『CONGRATULACION』のA面1曲目(調が違う別バージョンがB面8曲目にも収録)に、ジェン・ケンが歌を付けたバージョンですが、ポップな歌ものに仕上がっています。また、A面4トラック目"Cold Blacksmith"は、『CONGRATULACION』のA面6曲目の別バージョンで、こちらもメロディとリズム的な要素があります。

ところで、本LPのタイトルは、表ジャケットには『CONGEN』、裏ジャケットには『GENCON』と記載されています。便宜上『CONGEN』と呼ばれていますが、実は『GENCON』でもあるわけです。サブタイトルの"NEW DRAMATIC ELECTRONIC MUSIC"は、Conさんの作品を区分するときに用いられるジャンルの一つ、"Dramatic Electronic Music"から来ています。

Conさんは、本作のプライベート・リリース版のCD-Rを販売することはありませんでした。

●CONRAD SCHNITZLER & GEN KEN MONTGOMERY / 60分完全版の再発カセット 『GENCON - NEW DRAMATIC ELECTRONIC MUSIC』



リリース元: Generations Unlimited (2014年)
購入先: Generations Unlimited (米国)

Side A:
RECHTESEITE
MY FATHER'S HOUSE
TSCHERNOBYL
OH GOTT!
COLD BLACKSMITH
WE TAKE CHANCES
PICTURES
DEVIL, CHILLI BEANS
EARCRY

Side B: The STORY: IN 8 PARTS
FIRST MOVEMENT: ERUPTION TWO
SECOND MOVEMENT: RESOLUTION FACADE
THIRD MOVEMENT: GRAVE REALISATION TRANSFORMS TO EXCITMENT
FOURTH MOVEMENT: HEARING THE CALL
FIFTH MOVEMENT: TIME FOR CONTEMPLATION
CONTINUATION... (KITCHEN MUSIC)
SIXTH MOVEMENT: MORE CONTEMPLATION

2014年にリリースされた60分カセット 『GENCON - NEW DRAMATIC ELECTRONIC MUSIC』は、2014年12月14日~2015年2月1日に米国ニューヨーク MoMA 別館PS1にて開催されたイベントの会場でのみ販売されていましたが、2015年2月末より、発売元のGenerations Unlimitedレーベルのウェブショップにて販売開始になりました。

本作品は、1988年にリリースされた、CONRAD SCHNITZLER & GEN KEN MONTGOMERY名義のLP 『CONGEN - NEW DRAMATIC ELECTRONIC MUSIC』の再発版で、「60分完全版」のカセットです。A面B面のそれぞれに、LP版には未収録だった音源が追加されています。

A面は、LP版と比べると、クレジットでは1曲目に「RECHTESEITE」が追加されたことになっていますが、実際は異なり、「WE TAKE CHANCES」の前に「STICKS」というトラックが追加されている他、「EARCRY」の後にも2トラック追加されています。また、A面の一部のトラックは、LP版とはバージョン違いです。B面は、LP版に収録しきれなかった、続きのパート(約9分)が追加されています。実は、これらのトラックのほとんどは、1986年にカセットでリリースされた作品『GENCON PRODUCTIONS』に収録されていたものですが、本作品とは曲順が異なる他、バージョン違いのトラックもあります。

なお、本リリースのタイトルは、本来は『GENCON』であり『CONGEN』でもあるわけですが、正式タイトルが『GENCON』なのは、単に印刷会社の都合だそうです。

●CONRAD SCHNITZLER & GEN KEN MONTGOMERY / 60分完全版の再発カセット 『GENCON - NEW DRAMATIC ELECTRONIC MUSIC』のダウンロード版



リリース元: Generations Unlimited (2014年12月1日)
購入先: Bandcamp (米国)

1. RECHTESEITE
2. MY FATHER'S HOUSE
3. TSCHERNOBYL
4. OH GOTT!
5. COLD BLACKSMITH
6. STICKS
7. WE TAKE CHANCES
8. PICTURES
9. DEVIL, CHILLI BEANS
10. EARCRY
The STORY: IN 8 PARTS
11. FIRST MOVEMENT: ERUPTION TWO
12. SECOND MOVEMENT: RESOLUTION FACADE
13. THIRD MOVEMENT: GRAVE REALISATION TRANSFORMS TO EXCITMENT
14. FOURTH MOVEMENT: HEARING THE CALL
15. FIFTH MOVEMENT: TIME FOR CONTEMPLATION
16. CONTINUATION... (KITCHEN MUSIC)
17. SIXTH MOVEMENT: MORE CONTEMPLATION
18. SEVENTH MOVEMENT
19. EIGHT MOVEMENT
20. CONCLUSION

60分完全版の再発カセット 『GENCON - NEW DRAMATIC ELECTRONIC MUSIC』のダウンロード版(デジタル・リリース)です。MP3の他、高音質なWavやFLACフォーマットも提供されています。ただし、再発カセット版に収録されていた「EARCRY」の後の2つのトラックは、本リリースには含まれていません。なお、再発カセット版に収録されていたものの、クレジットに明記されていなかったトラック"STICKS"は、本リリースにも6トラック目に収録されています。

【関連項目】

Conrad Schnitzler / Congratulacion

Conさんの歌もの

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 10:28 AM | comments (0) | trackback (0) |

『CONTAINER』

【目次】

90分カセット6本組ボックス 『Container T1-T12』
90分カセット6本組『Container T1-T12』再発版
CD-R再発版 『Container T1-T12』
8枚組LPボックス『CONTAINER T1-T12』

===========================================

●90分カセット6本組ボックス『Container T1-T12』



リリース元: プライベート・リリース (1982年)

この作品は、元々、12枚組LPでのリリースを計画していたものの、それを断念して、90分テープ6本組でリリースされた経緯があります。そのため、LP1枚分に相当するテープの片面(約45分)が一つの独立した作品となっていて、T1~T12という呼び方をしています。

●90分カセット6本組『Container T1-T12』再発版





リリース元: Transmitter Cassetten(TC93-TC98) (1983年)

オリジナル・リリースの翌年の再発リリースです。

●CD-R再発版 『Container T1-T12』

リリース元: プライベート・リリース (2007年)

CD-R版のリリースでは、T1~T12がそれぞれ別のCD-Rに収録されています。(計12枚)なお、全曲、曲名はありません。

◆T1

T1

全10曲。全曲CD『Charred Machinery』に収録。トラック1-5はCD『Charred Machinery』の1曲目。トラック6-10はCD『Charred Machinery』の2曲目。

◆T2

T2

全10曲。CD『Blue Glow』は、本作品の再発版。(トラック1-10はCD『Blue Glow』の1-10曲目。)

◆T3

T3

全11曲。全曲CD『Electronegativity』に収録。トラック1-5はCD『Electronegativity』の1曲目。トラック6-11はCD『Electronegativity』の2曲目。

◆T4

T4

全10曲。トラック1はCD『Blue Glow』の14曲目。トラック2-5はCD『Blue Glow』の11-14曲目。トラック6-10はCD『Ballet Statique』の6-10曲目。CD『Electrocon』は、事実上、本作にボーナストラックを追加して再発したもの。

◆T5

T5

全13曲。トラック1を除き、CD『Control(The Cassette Concert Series No4)』に収録。(トラック2はCD『Control(The Cassette Concert Series No4)』の13-14曲目、トラック3-4は15-16曲目、トラック5は25曲目、トラック6は24曲目、トラック7-13は17-23曲目にそれぞれ収録。)なお、キャプテン・トリップから2009年に再発されたCD『Control』には全13曲すべて収録。

◆T6

T6

全14曲。全曲CD『Charred Machinery』またはCD『Electronegativity』に収録。トラック1-6はCD『Charred Machinery』の3曲目。トラック7-14はCD『Electronegativity』の3-8曲目。

◆T7

T7

全14曲。トラック1-6の6曲は、CD『Convex (The Cassette Concert Series No5)』の9-14曲目に収録。

◆T8

T8

全16曲。トラック9-10はCD『Convex (The Cassette Concert Series No5』の15曲目の別バージョン。内容としてはT7に収録された曲のアップスピード・バージョンや、それをさらに速くしたバージョンなどが含まれます。

◆T9

T9

全17曲。内容としては、テンポが速く、リズミカルなテクノ。ときに可愛らしいメロディーや風変わりなメロディーが絡みます。CD『3.3.83』の1-16は、事実上本作品と同内容。

◆T10

T10

全15曲。T9と同傾向でテンポが速く、リズミカルなテクノ。T9との違いは、リズムマシン(Dr. Rythm)が使用されている点。2曲目では東洋風のメロディーが奏でられ、他にも結構キャッチーなメロディーや風変わりなメロディーの曲があります。

◆T11

T11

全16曲。T9、T10と似た傾向で風変わりなメロディーが奏でられます。11曲目以外はリズム音は入りませんが、その代わり、シークエンス音による独特のノリがあります。

◆T12

T12

全10曲。T1~T11までとは趣向がまったく異なります。作品全体のクレジットはConrad Schnitzlerとなっていますが、Conさんに確認したところ、実際には、息子グレゴール・シュニッツラーとの共作とのことです。内容は、他の共作である『Conrad & Sohn』や『Russians are coming』とは異なり、非常にポップでノイエ・ドイチェ・ヴェレのような歌ものです。ただし、実際にはノイエ・ドイチェ・ヴェレのブーム以前に制作されているため、時代を先取りした感があります。なお、中にはギターのバッキングが入る曲もあります。(4、7曲目のみ、インストゥルメンタル。)ボーカルは、ほとんどグレゴールによるものと思われますが、ファンキーな2曲目のドイツ語ラップは、Conさんの声と思われます。なお、曲によっては、Conさんらしいスペイシーな音がミックスされているものがあります。(トラック7のテープ音は、LP/CD『Con』、CD『Ballet Statique』に収録されている「Electric garden」に使用されているものと同じです。)ところで、「80'sワークス・シリーズ」のまとめ買い特典のCD『Berlin Express/The Russians Are Coming』に収録されている"Roofmusic"は、実質上、本作品と同じ内容です。

●8枚組LPボックス『CONTAINER T1-T12』



リリース数: 500
リリース元: Vinyl-On-Demand (VOD100) (2012年6月22日)
主な購入先: アマゾン

1A:
((I 1971 - 1972))
T1.1 (4:57)
T1.2 (5:00)
T1.3 (5:00)
T1.4 (5:00)
T1.5 (3:04)
1B:
T1.6 (1:54)
T1.7 (4:57)
T1.8 (5:00)
T1.9 (4:57)
T1.10 (4:11)

2A:
((II 1972 - 1979))
T2.1 (4:08)
T2.2 (5:01)
T2.3 (4:17)
T2.4 (5:29)
2B:
T2.5 (3:35)
T2.6 (6:20)
T2.7 (2:29)
T2.8 (1:26)
T2.9 (3:58)
T2.10 (3:49)

3A:
((III 7.7.1977))
T3.1 (4:54)
T3.2 (3:13)
T3.3 (5:06)
T3.4 (3:25)
T3.5 (4:25)
3B:
T3.6 (5:28)
T3.7 (2:29)
T3.8 (2:11)
T3.9 (2:54)
T3.10 (3:13)
T3.11 (5:46)

4A:
((IV 15.5.1979))
T4.1 (4:04)
T4.2 (4:04)
T4.3 (4:04)
T4.4 (4:04)
T4.5 (4:06)
4B:
T4.6 (4:03)
T4.7 (3:58)
T4.8 (4:05)
T4.9 (4:04)
T4:10 (4:02)

5A:
((V 8.8.1980))
T5.1 (3:22)
T5.10 (3:32)
T5.12 (3:22)
((VI 10.11.1980))
T6.1 (4:46)
T6.2 (5:03)
T6.3 (3:03)
T6.4 (2:28)
T6.5 (2:32)
5B:
T6.5 (2:15)
T6.6 (3:09)
T6.7 (4:30)
T6.8 (1:23)
T6.9 (2:33)
T6.10 (2:57)
T6.11 (3:16)
T6.12 (1:04)
T6.14 (4:12)

6A:
((VII 20.2.1981))
T7.1 (3:11)
T7.2 (2:35)
T7.3 (3:41)
T7.4 (4:02)
T7.5 (3:57)
T7.6 (5:40)
T7.7 (2:16)
T7.8 (2:11)
6B:
((VIII 20.2.1982))
T8.1 (4:34)
T8.2 (4:52)
T8.3 (1:51)
T8.4 (2:08)
T8.5 (2:36)
T8.6 (1:25)
T8.8 (2:39)
T8.9 (2:36)
T8.10 (2:01)
T8.15 (2:39)

7A:
((IX 3.3.1983))
T9.1 (1:19)
T9.2 (3:21)
T9.10 (3:03)
((X 11.11.1982))
T10.3 (2:59)
T10.4 (5:37)
T10.7 (1:59)
T10.9 (2:26)
T10.10 (3:00)
7B:
((XI 12.12.1982))
T11.2 (3:01)
T11.4 (0:27)
T11.7 (2:35)
T11.10 (2:49)
T11.11 (2:59)
T11.12 (3:00)
T11.14 (3:00)
T11.15 (3:06)

8A:
((XII 7.7.1982))
T12.1 The Shark Eats Ice - Der Haifisch ist sein Eis im Cadillac (2:58)
T12.2 Nachts Im Wald das Laesst die Geister kalt (3:50)
T12.3 Heute da gehts uns gut und morgen schon besser (3:24)
T12.4 Instrumental 1 (4:00)
T12.5 Türkisch Mann - Bauchtanz (3:33)
8B:
T12.1 Lass sie tanzen lass sie gehen (3:18)
T12.2 Instrumental 2 (4:03)
T12.3 Michelangelo (3:06)
T12.4 Airport - Taxi - Bar - Hotel (2:50)
T12.10 Ha Ha Ha (3:20)

【Vinyl-On-Demand会員特典 ボーナス(7インチ・シングル)】
『Sequenza』 by Seidel and Schnitzler



A:
1. Das Tier in mir (5:45)
2. Coca (2:40)
B:
1. Walzer mit H. (2:40)
2. Der Kob geht um (2:35)
3. Nord-Süd (2:10)

コンラッドシュニッツラーの8枚組LPボックス『CONTAINER』が、2012年6月22日にドイツのVinyl-On-Demandより500部限定でリリースされました。本リリースには、CONTAINERのT1-T12よりセレクトされたLP8枚分の作品が収録されています。


箱を開けると、中には4つの三つ折り2枚組見開きジャケットが収納されていて、各ジャケットにLPが2枚ずつ入っています。また、シリアル番号入りのカードが付いています。



Vinyl-On-Demandの会員になると、さらにボーナスとして7インチ(33回転)のレコードが付きますが、その内容は、ヴォルフガング・ザイデルさんがSequenza名義で1980年にベルリンのStechapfelレーベルからリリースしたカセット作品『Sequenza』からセレクトされたトラックです。ヴォルフガング・ザイデルさんによると、これらの作品は、主に『Con3』の制作時のアウトテイクとのことです。このオリジナルのカセットにはConさんとの共作"Coca"や"Das Tier"も含まれていて、それらは共に今回の7インチ盤にも収録されていますが、いずれも『Con3』に収録されたものとはバージョンが異なります。"Das Tier"については、『パラゴン・アウトテイクス』に収録されたバージョンとも異なり、シークエンス音がよりリズムカルなものにアレンジされています。"Coca"はインストゥルメンタルで、冒頭部のアレンジも異なります。B面3トラック目の"Nord-Süd"は、キャプテントリップからの『Con3』再発版CDに収録されているボーナストラック"Con3.2"の別バージョンです。

なお、本リリースには、さらに50部のみの限定で、特別版仕様のボックス(やや赤味を帯びた色のボックス)があります。この箱に収納された4つの三つ折り2枚組見開きジャケットには、それぞれ1枚ずつ(合計4枚)Conさんのモノクロ写真が付いています。さらにレコード盤は、7インチのボーナス・レコードも含め、すべて白のカラー・レコードです。

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 11:28 AM | comments (0) | trackback (0) |

CS 1 - CS 13 / JANUAR 1988 - DEZEMBER 1988

●オリジナル版60分カセット13本『CS 1 - CS 13』









Generations Unlimited (1988年)

CS 1
CS 2
CS 3
CS 4
CS 5
CS 6
CS 7
CS 8
CS 9
CS 10
CS 11
CS 12
CS 13

1988年1月~12月に掛けて、毎月、登録者向けに一作品ずつリリースされたカセット作品です。各トラックのタイトルは一切ありませんが、12月にリリースされたCS12の中で、Conさんは作品解説を行っています。
なおCS13は翌年の『89/1』と同一内容です。

●CDR版『88/1』-『88/12』

プライベート・リリース

◆88/1



88/ A-B 27.12.87/12.1.88 1-10/11-22 60 min

◆88/2



88/2 A-B 19.1.88 CC / 1.2.88 CC Tx802 1-21/22-43 60 min
A=split on tra 1 (B=split?)

◆88/3



Stucke 3.2.88/CC14.1.88 (split on tra9) 1-10/11-30 60 min

◆88/4



A-B10.2.88 Stucke/16.2.88 minisTX 1-14/15-27 60 min

◆88/5



A Electric minis DMS-TX 802 22.2.88 1-13
B Electric minis TX 802 3.3.88 14-26

◆88/6



A=mix88/4A+B+88/5A 1-14 30 min
B=mix88/5A+B+88/4B 15-30 30 min

◆88/7



A-B 23.3.88/Tx802-electric-music 1-18/19-37 60 min

◆88/8



A=mix88/7A+B 1-15 30 min
B Stucke 24.3.88 16-27 30 min

◆88/9



A=mix (mini 18.4.88 + mini 25.4.88=tra8/13) 1-14 30 min
B=mix (Solo Cocho + Solo 25.4.88) 15-28 30 min

◆88/10



A-B 6.7.88 Con-Hertz stucke (DavGenCon-Mix) 1-25 60 min

◆88/11



A-CasCon 31.11.88 Con-Hertz (split tra7) 1-16 30 min
B-CasCon 3.6.88 Con-Hertz (split tra7) 17-33 30 min

◆88/12



Context fur die Freunde in englisch 60 min

オリジナルのカセット・リリースの音源を、12枚のCDRに収録したものです。収録されたトラックの多くは実験的な作品です。

しかしながら例外もあり、88/1のA面7トラック目にはメロディアスな曲が収録されています。Conさんによると、イギリスの方が作曲した曲で、後に、2012年にリリースされたSonisk BlodbadのCD『Dark Spring』にも、タイトル曲"Dark Spring"として収録されました。
88/3には、明るい雰囲気のトラックがいくつか含まれています。
88/9は、B面に、同じ1988年にリリースされたカセット作品『Concho』の中で使用されているソロ・トラックの一部が収録されています。
88/10はCon-Hertzの短い作品をDavid PrescottとジェンケンモンゴメリーとConさんがミックスしたものです。
88/11はCon-Hertzの各30分の作品が2つ収録されていますが、最初の作品は「ガラスの家(温室)に住む者は石を投げてはならない。」という西洋の諺などを語る音声と共にガラスが砕け散るサンプリング声から始まるものです。2つ目の作品は秀作で、滝が豪快に落ちる様を想像させるような音から始まり、川の急流、水のボコボコいう音、小鳥のさえずりといった自然の情景が思い浮かぶようなエピソードに引き継がれ、さらに笛の音やアコースティックギター、パーカッションといったエピソードを経て、最後は平和な安らぎに満ちたエンディングを迎えます。
88/12はコン・テキストで、Conさんの英語のメッセージが収録されています。ここでは、本作の各11本のカセットを解説している他、近況や、翌年の1989年に主に取り組もうとしていた"Tausender Programm"(1000本カセット・プログラム)のコンセプトなどについて語っています。

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 12:03 PM | comments (0) | trackback (0) |

CS 89/1 - CS 89/12 / JANUAR 1989 - DEZEMBER 1989

CS 89/1 - CS 89/12 / JANUAR 1989 - DEZEMBER 1989

●オリジナル版60分カセット12本『89/ 1 - 89/12』








Generations Unlimited (1989年)

89/1
89/2
89/3
89/4
89/5
89/6
89/7
89/8
89/9
89/10
89/11
89/12

1988年の『CS 1 - CS 13』に引き続き、1989年1月~12月に掛けて、毎月、登録者向けに一作品ずつリリースされたカセット作品です。各トラックのタイトルは一切ありません。なお、1988年の『CS13』と1989年の『89/1』は同一内容です。

●CDR版『89/1』-『89/12』

プライベート・リリース

◆89/1



89/1A Stucke 12.12.88
89/1B free Orch. 5.12.88 (Tra9) Tx802dms

◆89/2



89/2 A-B electric mini 24.3.89

◆89/3



89/3 A-B electric mini 26.3.89

◆89/4



89/4 A mix(89/2A+89/3B) 18.4.89
89/4 B mix(89/2B+89/3A)

◆89/5



89/5 A-B electric mini 8.5.89

◆89/6



89/6 A-B electric minis 14.7.-9.8.89

◆89/7



89/7 CD1 Duo CasCon A-B 4.8.89
89/7 CD2 Duo CasCon A-B 4.8.89
89/7 mix CD1+CD2 A-B

◆89/8



89/8 A=(mix89/6A+B)
89/8 B=(mix89/5A+B)

◆89/9



89/9 A-B elec mini 26.9.89

◆89/10



89/10 A=Duo-cas-mix 29.9.89 (tra11)
89/10 B=Duo-cas-mix 2.10.89 (tra11)

◆89/11



89/11 A-B electric mini 9.10.89

◆89/12



89/12 A mini mix(89/11A+B)
89/12 B mini mix(89/9 A+B)

クラッシックのオーケストラ楽器で構成された現代音楽的な作品や、スペーシーなシンセ音のみの作品がある他、民族音楽に焦点を当てた作品もあり、その中にはガムランっぽい作風のものや、日本の能や歌舞伎のサウンド(「いよー」という掛け声と鼓)をフィーチャーした作品が含まれます。

89/5の一部のトラックはCD『Con Brio』に収録されています。
なお、明るく聴きやすい曲はありません。

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 12:53 PM | comments (0) | trackback (0) |

アマゾン オンデマンドCD-R『Rare tracks 1979 - 1982 Re-Edited』、2015年12月27日販売開始

●オリジナル 12''EP版『Rare tracks 1979 - 1982 Re-Edited』

Rare tracks 1979 - 1982

リリース元: Erkrankung (2008年8月14日)
主な購入先: アマゾン(MP3)

A. Auf dem Schwarzen Kanal
AA. The 4:08 To Paris
B. Tanze Im Regen
BB. Elektroklang

本作『Conrad Schnitzler and Dompteur MOONER / Rare tracks 1979 - 1982 Re-Edited』は、Conさんのポップな4曲をDJ マヌー~Moonerが再編集・リミックスしたEPで、Mooner自身が運営するレーベルErkrankungより2008年にリリースされました。Moonerによると、完成までになんと1年以上掛かった労作とのこと。Aは『AUF DEM SCHWARZEN KANAL』からの選曲。AAはBerlin Express名義の『The Russians Are Coming』からのレアな選曲。Bは『Con3』からの選曲。BBは『AUF DEM SCHWARZEN KANAL』からの選曲で、ノンストップなループ・トラック。A面は45回転で、B面は33回転です。

本EPの最初の250枚は、限定でConさんのサイン入りミニカード付きですが、このカードに記載されているURLにアクセスして暗証コードを入力すると、全曲分のMP3を無料でダウンロードできるようになっています。(詳しいやり方はアクセス先のURLに表示されます。)

なお、MP3版のダウンロード販売も別途行われています。

#DJ Moonerは、Zombie Nationというグループのメンバーとして活動していた頃に『Kernkraft 400』がヨーロッパでヒットしたことで知られています。なお、彼は2008年9月下旬にPOLLYesterと一緒に来日し、東京でライブとDJを行なった他、日本のテレビ番組にも出演しました。来日中、会ってお話ししましたが、とても気さくな人でした。

●アマゾン オンデマンドCD-R『Rare tracks 1979 - 1982 Re-Edited』、2015年12月27日販売開始

Rare tracks 1979 - 1982

リリース元: Erkrankung (2015年12月27日)
購入先: アマゾン(CD-R)

1. Auf dem schwarzen Kanal (Dompteur Mooner Edit) 4:50
2. The 4:08 To Paris (Dompteur Mooner Edit) 3:41
3. Tanze im Regen (Dompteur Mooner Edit) 6:03
4. Elektroklang (Loop) 0:41

こちらは、アマゾンが(リリース元に許可を取った上で)販売するオンデマンドCD-Rで、通常の音楽CD(CD-DA)フォーマットです。なお、4トラック目は、オリジナルEP版ではエンドレス・ループですが、本CD-R版ではループが何度か繰り返されるよう編集されています。(MP3版も同様です。)

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 01:20 PM | comments (0) | trackback (0) |

<< HOME / TOP / < NEWER   OLDER >

ARCHIVES

<前月 2018年01月 次月>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

RECENT ARTICLES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK


CATEGORIES

LINKS

NEWS

POWERED BY