<< HOME /    OLDER >

Kluster / Eruption

【目次】

LP『Kluster: Eruption』オリジナル盤
ボックスセット『Konrad Schnitzler: Eruption』
CD『Kluster: Eruption』1997年・再発盤
CD『Conrad Schnitzler: SCHWARZ』(シュヴァルツ 黒) 2006年・再発リマスター盤
3枚組CD『Kluster: 1970-1971』 2008年・再発リマスター盤
CD/LP/DL 『KLUSTER/Schwarz (Eruption)』2012年・再発リマスター盤

===========================================

●LP『Kluster: Eruption』オリジナル盤

Eruption

side one: Eruption 1
side two: Eruption 2

リリース数: 200
プライベート・リリース (1971年) (KS 1001)

本作は、Conさん、ローデリウス、メビウスのメンバーで最後に行った、1971年のゲッチンゲン大学でのKlusterライブ音源を、レコーディング・エンジニアのクラウス・フロイディグマンとConさんが編集したものです。メロディアスな要素のないサウンドを電気的に加工・処理するコンセプトはKlusterの前2作と同じですが、本作は前2作とは異なり全編イントゥルメンタルです。

当時、本作を自主制作でリリースするに当たり、Conさんは1人で全額負担しました。なぜならば、ローデリウスとメビウスからは、商業的な成功は得られないとの理由で出資を断られたためです。なお、ローデリウスとメビウスは、このライブの後にKlusterから抜け、二人だけでClusterを結成することになります。また、Conさんによると、当時、本作に対して、コニー・プランクからも嘲笑を浴びせられたそうです。

本作は、1974年にEdition BlockからKonrad Schnitzler名義で『Eruption』ボックスセットにより再発された際、『SCHWARZ』(シュヴァルツ~黒)の名で呼ばれた経緯により、その後も通称『SCHWARZ』と呼ばれていますが、オリジナルのタイトルは『Eruption』です。以下は、本作のレーベル表記です:

Kluster - Eruption
Schnitzler - Roedelius - Moebius - Freudigmann

●ボックスセット『Konrad Schnitzler: Eruption』

Work in progress

詳細は、以下の関連項目を参照してください。

※関連項目: ボックスセット 『Konrad Schnitzler: Eruption』

●CD『Kluster: Eruption』1997年・再発盤

Kluster - Eruption

1. 31:04
2. 25:30

リリース元: Marginal Talent (1997年3月1日)
主な購入先: アマゾン

本リリースは、1997年にドイツのMarginal TalentよりリリースされたCD再発盤です。

●CD『Conrad Schnitzler: SCHWARZ』(シュヴァルツ 黒) 2006年・再発リマスター盤

Schwarz

1. Eruption 1 "イラプション1" (30:59)
2. Eruption 2 "イラプション2" (25:09)
3. Eruption Soundcheck "イラプション・サウンドチェック" (4:26)

リリース数: 800
リリース元: キャプテントリップ・レコーズ (2006年)
主な購入先: アマゾン HMV

ボーナストラックの3トラック目は、Klusterからローデリウスとメビウスが抜けた後に、コンラッド・シュニッツラー、クラウス・フロイディグマン、ヴォルフガング・ザイデルの3人で行った未発表Kluster Eruptionセッションの音源です。

※関連項目: Conrad Schnitzler アーリー・カラー・ワークス再発盤 (2006年4月5日発売)

●3枚組CD『Kluster: 1970-1971』 2008年・再発リマスター盤

Kluster 1970-1971

詳細は、以下の関連項目を参照してください。

※関連項目: 再発リマスター盤『Kluster: 1970-1971』

●CD/LP/DL 『KLUSTER/Schwarz (Eruption)』2012年・再発リマスター盤



1. Eruption 1 (31:04)
2. Eruption 2 (25:30)

リリース元: Bureau B (BB 112) (2012年11月16日)
主な購入先: アマゾン(CD) HMV(CD)HMV(LP)

本リリースは、2012年にドイツのBureau BレーベルよりCD、180グラムLPおよびダウンロードで再発されたリマスター盤です。ライナーノートが付いてます。

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 11:41 PM | comments (0) | trackback (0) |

デジタルアルバム『Generator RVA: Now Playing』



リリース元: SEDIMENT (2017年10月6日)
購入先: Bandcamp

デジタルアルバム『GENERATOR RVA: NOW PLAYING』には、2017年10月6日~29日に開催された本イベントのライブ音源が収録されています。イベント期間中、ジェン・ケン・モンゴメリーやTommy Birchettにより行われたConさんのライブ・コン・サートの音源も含まれます。なお、本リリースは無料でダウンロードすることも可能です。

| その他::音楽作品解説(オムニバス) | 12:53 PM | comments (0) | trackback (0) |

Eruption: コンラッド・シュニッツラー・フェスティバル、2018年7月4~5日、ハンブルクで開催されました

2018年7月4~5日、ドイツのハンブルクのGolden Pudelで、Eruption - Conrad Schnitzler Festivalのイベントが開催されました。

イベントの模様を収録した動画『Eruption – a two-day happening freely based on Conrad Schnitzler (2018)』が公開されています。
ロングバージョン(111分)
ミディアムバージョン(48分)

当日は、ヴォルフガング・ザイデル、ケン・モンゴメリーの他、アスムス・チェチェンズ、フェリックス・クビンなど、以下の多数のゲストが出演しました。

Ken Montgomery, Wolfgang Seidel, Asmus Tietchens, Felix Kubin, Phantom Kino Ballett – Lena Willikens & Sarah Szczesny, Carl & Sohn (Toben) – a portable performance by Les Trucs, RVDS, Phuong-Dan, Esmark, Vivian Koch, Mark Boombastik, Crystal Penalosa, Tintin Patrone, Jessica Broscheit, Alex Solman, C, Nikae

以下はタイムスケジュール:

●7/4(水)17:00スタート

18.00 Cassette CONcerts conducted by Ken Montgomery
19.00 Ken Montgomery: CON-DUO
19.30 TinTin Patrone plays Papa-Piano
20.30 Carl & Sohn (Toben) - a portable performance by Les Trucs
21.30 Phuong-Dan: About Rhythmus
22.30 Wolfgang Seidel & Crystal Penalosa
23.30 Felix Kubin
ab 00.30 Cassette CONcerts conducted
by FM Aether, Phuong-Dan, F#X & Nikae

●7/5(木)17:00スタート

18.00 Cassette CONcerts conducted by Ken Montgomery
19.00 Mark Boombastik: Beschnitzlerungen
20.00 Asmus Tietchens
20.40 Esmark
21.50 Ken Montgomery & Wolfgang Seidel & Crystal Penalosa
22.50 Phantom Kino Ballett - Lena Willikens & Sarah Szczesny
23.30 Alex Solman
01.00 RVDS
ab 02.00 Vivian Koch

Jessica Broscheit: Soundinstallation CONtrol
ConAudioVideoSkulpturen
Generator Pop-up

※詳細はこちら(英語ページ)

| Conrad Schnitzler::イベント情報 | 07:07 PM | comments (0) | trackback (0) |

Kluster / ZWEI OSTEREI

【目次】

LP『ZWEI - OSTEREI』オリジナル盤
LP『ZWEI - OSTEREI』 1980年・再発盤
CD『ZWEI - OSTEREI』ブートレッグ
CD『ZWEI - OSTEREI』 1996年・再発盤
CD『ZWEI - OSTEREI』(イースターエッグ)2006年・再発リマスター盤
3枚組CD『Kluster: 1970-1971』 2008年・再発リマスター盤
CD/LP/ダウンロード『Kluster / ZWEI OSTEREI』2012年・再発リマスター盤

===========================================

LP『ZWEI - OSTEREI』オリジナル盤

Zwei-Osterei

リリース数: 300
リリース元: Schwann (1971年)

side one: Electric Music & Text (22:50)
side two: Kluster 4 (electric music) (22:09)

本作品は、1970年、LP『KLOPFZEICHEN』と同じ日に、コニープランクのスタジオでサウンドが録音されました。

なお、ドイツ人俳優Manfred PaetheによるA面の詩の朗読は、別の日に録音されたものです。朗読された詩のうち、スイスの著名な神学者クルト・マルティによる"ジョン F. ケネディ"に関する詩が、本リリースに付随したポスターの片面に、白抜きの赤で目立つように掲載されています。この短い詩の内容は、本作がリリースされた1971年当時から数えて8年前の1963年に暗殺されたケネディ大統領をポジティブに評価したものです。Conさんは、自身の作品に政治や宗教を持ち込まないスタンスを一切貫いていましたが、実は個人的にはベトナム戦争に反対していて、そのために英語ではなくドイツ語のKluster(クルスター)をバンド名にした経緯があります。ジョン F. ケネディはベトナム戦争を拡大させた張本人なので、複雑な心境だったのではないかと推察しています。

LP『ZWEI - OSTEREI』1980年・再発盤



リリース数: 2000
リリース元: Schwann (1980年)

side one: Electric Music & Text (22:50)
side two: Kluster 4 (electric music) (22:09)

本LPは、オリジナル盤をリリースしたSchwannより1980年に再発リリースされました。

CD『ZWEI - OSTEREI』ブートレッグ

Kluster2 boot

タイトル: CLUSTER
リリース元: SGermanofon ‎(941027) (1995年)

1. 22`50
2. 22`09

本リリースはブートです。タイトルは『Cluster』ですが、内容は『ZWEI - OSTEREI』です。

●CD『ZWEI - OSTEREI』1996年・再発盤

Zwei-Osterei

リリース元: Hypnotic(Cleopatra傘下)(1996年)
リリース元: Think Progressive(1998年)
主な購入先: アマゾン HMV

1. Part One (22:36)
2. Part Two (22:16)
3. Cluster & Farnbauer Live at the Wiener Festwochen Alternativ 1980 (15:10)

本CDは、『KLOPFZEICHEN』と同様に、1996年に米国Hypnoticより再発リリースされた後、さらに1998年にはドイツのThink Progressiveからもリリースされました。
なお、ローデリウスとメビウスが主体となってリリースしたため、ボーナストラックには、(KのKluster~クルスターではなく)CのCluster~クラスター関連の音源が収録されています。また、ジャケットカバーアートはメビウスによるものです。

●CD『ZWEI - OSTEREI』(イースターエッグ)2006年・再発リマスター盤

Zwei-Osterei

リリース数: 800
リリース元: キャプテントリップ・レコーズ (2006年)
主な購入先: アマゾン HMV

1. electric music und texte "電子音楽と詩" (22:30)
2. electric music (Kluster 4) "電子音楽(クラスター4)" (22:17)
3. KLUSTER-ERUPTION / COLD WINTER 1971 "クラスター・イラプション / 1971年の厳寒の冬" (14:57)

ボーナストラックの3トラック目は、Klusterからローデリウスとメビウスが抜けた後に、コンラッド・シュニッツラー、Klaus Freudigmann、Wolfgang Seidelの3人で行った未発表Kluster Eruptionセッションの音源です。

※関連項目: Kluster再発盤 (2006年4月5日発売)

●3枚組CD『Kluster: 1970-1971』 2008年・再発リマスター盤

Kluster 1970-1971

詳細は、以下の関連項目を参照してください。

※関連項目: 再発リマスター盤『Kluster: 1970-1971』

●CD/LP/ダウンロード『Kluster / ZWEI OSTEREI』2012年・再発リマスター盤



リリース元: Bureau B (BB111) (2012年6月29日)
主な購入先: アマゾン(CD)アマゾン(LP)HMV(CD)HMV(LP)

1. electric music und texte (22:31)
2. electric music (Kluster 4) (22:17)

本リリースは、2012年にドイツのBureau BレーベルよりCD、180グラムLPおよびダウンロードで再発されたリマスター盤です。

| Kluster::音楽作品解説 | 11:59 AM | comments (0) | trackback (0) |

LP『CONRAD SCHNITZLER + PHARMAKUSTIK / Extruder』、2018年7月14日リリース!!!



リリース数: 600(超透明クリア・ビニール盤=150、黒ビニール盤=450)
リリース元: ROTORELIEF ROTOR0066 (2018年7月14日)
試聴: YouTube

A1 Kontaktmechanik (6:26)
A2 Extruder (5:16)
A3 Abrasion Métallique (6:27)
B1 Umspulung (8:05)
B2 Doppelwelle (10:10)

Conさんが生前にPHARMAKUSTIKとコラボした未発表作品『Extruder』が、フランスのROTORELIEFより限定600枚のLPでリリースされました。本作は、2016年にリリースされた『Kontraktion』に続く第2弾で、1986年にConさんの自宅スタジオで録音されたテープ5~6本分のセッションを元に、Siegmar Fricke(PHARMAKUSTIK)が2017年に編集したものです。内容は、前作に引き続き、アグレッシブなインダストリアル・ノイズです。なお、A2の冒頭にConさんの音声が流れます。クレジットによると、使用されている機材は、アナログシンセ(EMS Synthi A,、コルグMS 20、ヤマハ CS 5)、リズムマシン、エフェクト用機材(Dinacord Echocord、デジタル・ディレイ、ibanez マルチエフェクター)、ラジオとのことです。なお、第1弾の『Kontraktion』がConさんの『Rot』になぞらえて赤いジャケットだったのに対し、第2弾の本作『Extruder』はConさんの『Blau』になぞらえて青いジャケットとなっています。

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 03:19 PM | comments (0) | trackback (0) |

<< HOME / TOP /    OLDER >

ARCHIVES

<前月 2018年10月 次月>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

RECENT ARTICLES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK


CATEGORIES

LINKS

NEWS

POWERED BY