<< HOME / < NEWER   OLDER >

Conrad Schnitzler & Gen Ken Montgomery / The Nihilist Spasm Band / Kommissar Hjuler - GEN CON Nihil Flu、2015年9月5日リリース!



A1: The Nihilist Spasm Band - Murray !!!...too loud (28:49)
B1: Conrad Schnitzler & Gen Ken Montgomery - GENCON duet 6 (7:08)
B2: Kommissar Hjuler - Gymnopedienst (21:46)

リリース数: 30
リリース元: Psych.KG (Psych.KG ‎293) (2015年9月5日)
購入先: Discogs (ドイツ)

9月5日、カセット作品『GEN CON Nihil Flu』が、30本限定でドイツのPsych.KGよりリリースされました。本作品は、先日リリースされた『GEN CON Barbarella』と同様、Kommissar Hjuler/Psych.KGによるFLUXUS +/- シリーズの一環で、B面にコンラッド・シュニッツラー & ジェン・ケン・モンゴメリー名義の作品が収録されています。

| その他::音楽作品解説(クレジットがある作品) | 12:38 PM | comments (0) | trackback (0) |

POPULÄRE MECHANIK / KOLLEKTION 03、2015年2月21日リリース!



リリース元: Bureau B (BB 186) (2015年2月21日)
主な購入先: アマゾン(CD) アマゾン(LP) HMV(CD) HMV(LP)

(CDのトラック)
1. Gleisdreieck (3:25)
2. An die Hoffnung (4:17)
3. Scharfer Schnitt No. 1 (2:39)
4. Für ein paar Deutschmark mehr (4:38)
5. Wiedereingegliedert (2:59)
6. Oranienbar (4:05)
7. Sauer im Regen (2:25)
8. Gib dem Affen Zucker (3:24)
9. Schlag die Weissen mit dem roten Keil No.1 (4:56)
10. Als sie ertrunken war (6:01)
11. Smog (2:23)
12. Fabrik (3:42)
13. Fabrik (Slight Return) (1:00)

(LPのトラック)
Side A:
1. Gleisdreieck (3:25)
2. An die Hoffnung (4:17)
3. Scharfer Schnitt No. 1 (2:39)
4. Für ein paar Deutschmark mehr (4:38)
5. Wiedereingegliedert (2:59)
6. Oranienbar (4:05)
Side B:
1. Sauer im Regen (2:25)
2. Gib dem Affen Zucker (3:24)
3. Schlag die Weissen mit dem roten Keil No.1 (4:56)
4. Als sie ertrunken war (6:01)
5. Smog (2:23)
6. Fabrik (3:42)
7. Fabrik (Slight Return) (1:00)

2015年2月21日に、POPULÄRE MECHANIKの編集盤『KOLLEKTION 03』がCD、LPおよびダウンロードで、ドイツのBureau Bレーベルよりリリースされました。POPULÄRE MECHANIKはヴォルフガング・ザイデルさんを中心としたバンドです。本作には、80年代初頭にリリースされたカセット2本とEPの中からホルガー・ヒラーが選曲した作品が収録されています。なお、本リリースには、『AUF DEM SCHWARZEN KANAL』の"Fablik"の別バージョン2つが収録されています。

| その他::音楽作品解説(クレジットがある作品) | 09:43 AM | comments (0) | trackback (0) |

Endoplasmic Flow / 『11/12/13』、2013年12月11日、リリース予定



リリース元: Jon Tyler プライベート・リリース (2013年12月11日)
主な購入先: Jon Tyler(英国)

Endoplasmic Flowは、Conさんのミックス作品を多数プライベート・リリースしているJon Tylerさんを中心としたプロジェクトです。本作は、2013年12月11日という語呂のいい日にリリース予定です。本作には、以下の4名が参加しています。

Jon Tyler (Endoplasmic Flow)
Michael Thomas Roe (Kluster)
Ole Christenssen (Big Robot)
Steve Cerio
+Con-Spirito (Conさんのスピリット)
※コンラッド・シュニッツラーのソロ・サウンドを使用

なお、Steve Cerio(または、Steven Cerio)さんは、米国ニューヨーク在住のアーティストで、レジデンツの作品のアートワークで知られている人です。

| その他::音楽作品解説(クレジットがある作品) | 11:33 PM | comments (0) | trackback (0) |

カセット『Sequenza』



Side A:
1. ...abends ins S.O.
2. walzer mit H.
3. tembo 1&2
4. der kob geht um
5. nord-süd
6. fieber
7. der westen ist einsam
8. oh

Side B:
1. das tier
2. coca
3. schlagt die weissen mit dem roten keil no .9
4. alaska ist grün

リリース元: Stechapfel Produktion (1980年)

本作品は、ヴォルフガング・ザイデルさんがSequenza名義で1980年にベルリンのStechapfelレーベルからリリースしたカセット作品です。(46分テープ。)ヴォルフガングさんによると、収録された曲は、主に『Con3』の制作時のアウトテイクとのことですが、作風は、"Sequenza"という彼のニックネームどおり、元々ドラマーである彼が、シーケンサーに合わせて生ドラムや生パーカッション(ただし、シンセで変調されている場合あり)、またはマリンバやビブラフォンを叩くのが基本コンセプトで、『Consequenz』に近い感覚の曲も含まれます。本作にはConさんとの共作"Coca"や"Das Tier"も含まれていますが、いずれも『Con3』に収録されたものとはバージョンが異なります。"Das Tier"については、『パラゴン・アウトテイクス』に収録されたバージョンとも異なり、シークエンス音がよりリズムカルなものにアレンジされています。"Coca"はインストゥルメンタルで、冒頭部のアレンジも異なります。A面5トラック目の"Nord-Süd"は、キャプテントリップからの『Con3』再発盤CDに収録されているボーナストラック"Con3.2"の別バージョンです。A面8トラック目"oh"は『AUF DEM SCHWARZEN KANAL』に収録されている"Elektroklang"の短いリミックスと思われます。B面3トラック目のクレジットは、wolf sequenza & populäre mechanikです。(populäre mechanikはヴォルフガング・ザイデルさん自身の別プロジェクトです。)

なお、2012年6月22日にリリースされた8枚組LPボックス『CONTAINER T1-T12』には、本作品から選ばれた5トラックを収録した7インチ(33回転)のレコードが、リリース元レーベルの会員限定ボーナスとして付いています。収録された各トラックのバージョンはオリジナルのカセット版と同じですが、ただし、カセット版よりも7インチ盤の方が音質が向上しています。

| その他::音楽作品解説(クレジットがある作品) | 10:12 AM | comments (0) | trackback (0) |

Endoplasmic Flow / 11/11/11、CD盤でConさんの一周忌に正式リリースされました

【目次】

Endoplasmic Flow / 11/11/11:11年11月11日に11枚組CD-Rボックスセットリリース!
Endoplasmic Flow / 11/11/11、CD盤でConさんの一周忌に正式リリースされました

===========================================

●Endoplasmic Flow / 11/11/11:11年11月11日に11枚組CD-Rボックスセットリリース!

Conさんが自身の作品タイトルやプロジェクトに"Con"を冠した名前を付けるのが好きなのはもはや周知の事実ですが、作品の制作日に語呂のいい日付を付けるというのも、Conさんの好みの一つでした。
例えば、以下は2本組カセット作品『CON 33/83 UND 55/83』に収録されている曲のタイトルです。



33/83
55/83
99/93
1111/83

これらはそれぞれ、1983年3月3日5月5日9月9日11月11日に制作された作品であることを意味しています。

さらに、その翌年にリリースされた2本組カセット作品『Con84』にも、同様に1.1.84(元旦、1月1日)、 29.2.84(閏年、2月29日)、10.10.84(10月10日)といった語呂などがいい日付の付いた作品が収録されています。



他にも、例えば『Container』においては、なるべく語呂のいい日付を付けようという意図が感じ取れます。

Container T1 (1971-1972)
Container T2 (1972-1979)
Container T3 (7.7.1977)
Container T4 (15.5.1979)
Container T5 (8.8.1980)
Container T6 (10.1.1980)
Container T7 (20.2.1981)
Container T8 (20.2.1982)
Container T9 (3.3.1983)
Container T10 (11.11.1982)
Container T11 (12.12.1982)
Container T12 (7.7.1982)

なお生前Conさんに聞いたところ、日付の付け方については、作品の完成日の他、制作開始日や制作中の特別な日を選んでいる、とのことでした。

こうしたConさんの拘りに敬意を表し、関係者の中には、語呂のいい日を選んで作品をリリースする試みが行われています。例えば、カセット作品『10.10.84』は、マレーシアのMirror Tapesより、2010年10月10日という語呂の合う日に再発されています。



また、Big robotは、デビュー作『Aquafit』を2009年6月6日、2作目『Horror Odyssee』を2009年9月9日にリリースしています。

big_robot_horror_odyssee_s.jpg

そして、2011年11月11日という語呂的に完璧な日に、Endoplasmic Flow からなんと11枚組CD-Rボックスセット『11/11/11』がプライベート・リリースされました!



Endoplasmic Flowは、Conさんのミックス作品を多数プライベート・リリースしているJon Tylerさんを中心としたグループで、以下の3名が参加しています。

Jon Tyler (Endoplasmic Flow)
Michael Thomas Roe (Kluster)
Ole Christenssen (Big Robot、Sonisk Blodbad)
※さらにコンラッド・シュニッツラーのソロ・サウンドを使用

Conさんが聞いたら、さぞ喜ぶことでしょう。。。

●Endoplasmic Flow / 11/11/11、CD盤でConさんの一周忌に正式リリースされました



リリース元: Inner Robotic Records

トラック1-6

本CDは、Endoplasmic Flowの初めての正式作品となります。(CD-Rではなく、CDでのリリースです。)オリジナルの11枚組CD-RをCD1枚分に厳選したもので、内容は、リーダーのJon Tylerさんの趣向であるダーク・エレクトロニクスが中心となっています。Conさんの一周忌に合わせて2012年8月4日にリリースされました。

| その他::音楽作品解説(クレジットがある作品) | 09:44 AM | comments (0) | trackback (0) |

<< HOME / TOP / < NEWER   OLDER >

ARCHIVES

<前月 2018年01月 次月>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

RECENT ARTICLES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK


CATEGORIES

LINKS

NEWS

POWERED BY