<< HOME / < NEWER   OLDER >

CONRAD SCHNITZLER and MICHAEL OTTO / MICON IN ITALIA

●オリジナル版LP『MICON IN ITALIA』



リリース元: Auf Dem Nil (1986年 DMM 003 R)

Side A:
1 Sono Finite (2:40)
2 Sage Mir (3:30)
3 Colore/Suono (1:37)
4 Espresso (2:10)
5 Contanastro (1:38)
6 Thompstone (2:40)
7 Circus (2:58)
8 Controllo (2:33)
9 Poco Prima (1:15)

Side B:
1 Wa Höooa (2:47)
2 Sul Nastro Con Fase (2:35)
3.a Collegato (1:58)
3.b Continua (1:10)
4 Tradizionale Collegate (3:18)
5 Rosso Rapido (3:11)
6 Un Punto (1:40)
7 Gino Ginelli (1:50)
8 Hand-Clap (1:33)

1986年にイタリアのADN Records傘下のAuf Dem Nilより、同レーベルのPaesaggi sonori("サウンドスケープ"の意)シリーズの第2弾としてLPでリリースされた本作品は、ConさんとMICHAEL OTTO~ミヒャエル・オットーとのコラボレート作品です。ミヒャエル・オットーはドイツ人の、木管楽器バスーン(ファゴット)奏者です。

クレジットによると、A面のトラック2・5・8・9、および、B面のトラック2・3B・6はConさん作で、その他のトラックは2人の共作となっています。なお、Wolfgang Hertz~ヴォルフギャング・ヘルツがA面のトラック5・9、および、B面のトラック2・3B・6に参加しています。ヴォルフギャング・ヘルツは、Conさんとカセット作品の共作がある人です。

最長でも3分台と、短くコンパクトな曲が計17曲収録された本作の作風は、Con作品としては、かなり聴きやすい部類に入ります。メロディーを伴う曲が多く、歌もの(A面のトラック2"Sage Mir"~「教えて」の意)の他、ノリのいいテクノポップっぽい曲(B面のトラック7"Gino Ginelli")もあります。また、シンセサイザー(コルグMS10・MS20、オーバーハイムXpander)だけでなく、アコースティック楽器やグラスを叩く音、声、ハンドクラップといった生音が多用されているのが大きな特徴です。付随するインサートによると、ギター、電気バイオリン、(ミヒャエル・オットーが演奏する)バスーン、鉄琴のグロッケンシュピールの他、ヤマハのミュージック・コンピュータCX5やシーケンサ、ボイス・サンプラーなども使用されています。

●プライベート・リリースCD-R『MICON IN ITALIA』



1-25

こちらは、ボーナストラックが7トラック収録されています。ただし、ボーナストラックには生楽器の音などは入っておらず、作風は、むしろ1986~1987年頃に制作されたConさん自身の作品に近いです。

●プライベート・リリースCD-R『MICON+』



1-36

以前、一時期プライベートでリリースしていた本CD-Rには、ボーナストラックだけで18トラック収録されています。CD-R『MICON IN ITALIA』に収録されているボーナストラック7トラックの他に、さらに11トラック収録されているわけですが、こちらの作風も、1986~1987年頃に制作されたConさん自身の作品に近いです。

関連項目: Conさんの歌もの

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 10:46 AM | comments (0) | trackback (0) |

Consequenz / Consequenz II

●オリジナル版LP『Consequenz II』



リリース数: 1000
リリース元: Discos Esplendor Geometrico (1986年 EG 006)

side one:
1. Von Hand
2. Zack Zack
3. Fiesta
4. Hommage A Gaudi
5. Erotik
6. Windmill
7. Alhambra
8. Espanna
side two:
1. Kastilien

Conさんとヴォルフガング・ザイデルさん(クレジット名はヴォルフ・セクエンサ)によるユニット、Consequenzの第2弾『Consequenz II』は、スペインのDiscos Esplendor Geometricoより1986年にリリースされました。面白いのは、曲名がスペインにちなんだものとなっていることです。”Fiesta”(スペイン語の祭り)、"Hommage A Gaudi"(ガウディーへのオマージュ)、"Alhambra"(アルハンブラ)、"Kastilien"(スペイン西部のカスティーリャ)。"Windmill"は、『ラ・マンチャの男』(ドン・キホーテ)で有名な"風車"のことと思われます。また、"Erotik"は、キュビズムという革命的な絵画様式の原点となった、ピカソの『アヴィニョンの娘たち』を連想させます。"Zack Zack"(速く!速く! の意)は、ツール・ド・フランスやブエルタ・ア・エスパーニャなど自転車ロードレースの、特に山岳ステージで活躍するスペイン選手達のことかもしれません。"Von Hand"は、スペイン独特の手拍子(パルマ)の文化と受け取れます。

本作の内容については、A面は、前作『Consequenz』の作風を継承したもので、ビート色が強い(Conさんの言い方だと「リズミック」な)テクノの短い曲が並んでいます。その多くはキャッチーなリフのメロディーが付いていて、クラップ音っぽいリズムも入ったりするため、ポップで聴きやすいです。エレキ・ギターを用いた曲もいくつかあります。ただし、A面最後の"Espanna"だけは別で、こちらは声を重ねた作品となっています。他のConsequenz作品がすべてインストゥルメンタルであることを意識してか、ここでは"Buenas tardes"、"Espanna"(こんにちは、スペイン)といった言葉のみのシークエンスとなっています。

B面は、A面とは対照的に、約20分に渡る静的なトラック"Kastilien"が収録されていて、より実験性の高い、Consequenzの新たな方向性を指し示しています。ここでは、もはやリズム音はなく、しかしよく聴くと、(ときに、かなりゆっくり目の)シークエンス音が入っていたりします。

●再発版CD『Consequenz II』



リリース数: 1000
リリース元: キャプテン・トリップ・レコーズ (2009年2月27日 CTCD-642)
主な購入先: アマゾン HMV

1. この手から Von Hand
2. ザック・ザック Zack Zack
3. フィエスタ Fiesta
4. ガウディへの敬意 Hommac a Gaudi
5. エロティーク Erotik
6. 風車 Windmill
7. アルハンブラ Alhambra
8. エスパーニャ Espana
9.-16. カスティーリャ (1) - カスティーリャ (8) Kastilien (1) - Kastilien (8)
<Bonustracks>
17.-22.

初CD化に伴い、ボーナストラックが6曲収録されています。それぞれ3~4分の短い曲ですが、いずれも、B面"Kastilien"の実験的な作風を受け継ぐ作品です。(ただし、静的なトラックだけでなく、リズミックで実験的なものも含まれます。)なお、本リリースには、オリジナル版LPに付いていたインサートのミニチュア版が付属しています。

※関連項目: コンラッド・シュニッツラー、キャプテントリップからCD全6タイトル、2009年2月27日発売予定!

| Consequenz::音楽作品解説 | 12:43 PM | comments (0) | trackback (0) |

Concert

●オリジナル版LP『Concert』



Side 1 白レーベルの面: (20:02)
Side 2 黒レーベルの面: (20:18)

リリース数: 2000 (最初のプレス1000部は白いレコード、2回目のプレス1000部は黒いレコード)
リリース元: Idiosyncratics (1986年 I-86-103)

コンラッド・シュニッツラー独自のコンセプトである「コン・サート~Con-cert」の音源を収録したLPです。(Conさんに確認したところ、聴衆を前にして演奏されたライブ音源ではないとのことです。)

曲名は一切ありませんが、実際には、いくつかのムーブメントに分かれています。Side 1(白レーベルの面)には、プライベート・リリースCD-R『TRA4Mix』の15~34トラックに収録されている"Cassette Concert I/86"のうち、前半部分(15~24トラック)が収録されています。スペース系の音で始まりますが、そこそこ不協和音でややダークな感じです。途中、バイオリンが絡む箇所などもあります。しかし後半、シークエンスのベース音がフェードインしたところで、ダークな雰囲気は薄らぎます。さらに、そのシークエンスもフェードアウトすると、最後はビブラフォンなどによる短音のみで構成されたムーブメントで終わります。

Side 2(黒レーベルの面)は、本作の4年後に4枚組CD-Rでリリースされた『5.5.85』に収録されたトラック2(約30分)をミックスしたものですが、そのうちの最初の約20分が収録されています。初めのうちは、伸びやかで素直な音や、クセのないメロディーが目立ちます。しかし最後は、シークエンスに短い音が絡むような形に様変わりします。なお、全体を通してリズム・トラックはありません。

本作は、最初の1000枚は盤面が白いカラーレコードでリリース。(さらにそのうちの200枚は、サイン・指紋入りステッカーとピンバッジ付き。)残りの1000枚は盤面が黒いレコードでリリース。ジャケットの絵はCD『Moon Mummy』でコラボレートしたMatt Howarthによるものです。

●CD『Concert』再発盤



リリース数: 1000
リリース元: キャプテン・トリップ・レコーズ (2009年2月27日 CTCD-641)
主な購入先: アマゾン HMV

1.-14.
<Bonus tracks>
15.-17.

ボーナストラックは、『5.5.85』のトラック2(約30分)のミックスのうち、オリジナル版LPに収録しきれなかった残りの約9分です。今回、完全収録されたことにより、きれいな協和音のエンディングを聴くことができるようになりました。

なお、「80'sワークス・シリーズ」ボックスセットの限定特典の一つとして、オリジナル版LP『Concert』の最初の200枚のおまけだったピンバッジの復刻版が付いています。

ところで、ピンバッジのデザインはオリジナルLPの黒レーベル面と同じです。よく見ると左手の指がチョキになっていて、Side2であることを表しています。白レーベル面の方は指が1本だけ立っていて、Side1を表しています。



【関連項目】

コンラッド・シュニッツラー、キャプテントリップからCD全6タイトル、2009年2月27日発売予定!

コン・サートとは

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 09:48 AM | comments (0) | trackback (0) |

Conditions of the Gas Giant、2019年8月16日に再発リマスター版がリリースされました!

●カセット『Conditions of the Gas Giant』オリジナル版



リリース元: Birdo'Pray Records (BC-045 1987年)

Side A (The Northern Hemisphere)
Various Conditions of Moisture on Aldebaran 7

Side B (The Southern Hemisphere)
Curious Convection Currents of the Gas Giant

『Conditions of the gas giant』("巨大ガス惑星の状態"の意)は、1987年に60分カセットテープで米国Birdo'Prayレコーズよりリリースされました。本作には、A面「(北半球) アルデバラン7における水蒸気の様々な状態」、B面「(南半球) 巨大ガス惑星の興味深い対流の流れ」共に、数分の短いトラックが計12曲収録されています。なお、B面の7曲のうち1~6曲目は、CD『Congratulacion』に、ボーナス・トラック17~22として収録されています。また、その他の収録曲も、『Congratulacion』と同じ作風のものですが、本作品の方がよりリズミックで、Conさん独特のリズムセンスを堪能できます。なお、カバーアートはマット・ハワースによるものです。

●BLACK BOX 1987



カセット10本組の『BLACK BOX 1987』に含まれる『CON 87/4』のB面には、『Conditions of the gas giant』の全トラックが収録されています。

●プライベートリリースCD-R『87/F』



CD-R『87/F』の"28.5.87"には『Conditions of the gas giant』の全トラックが収録されています。(『87/F』のトラック8~12は、『Conditions of the gas giant』のA面、『87/F』のトラック1~7は、『Conditions of the gas giant』のB面。)

●Congratulacion

Conditions of the Gas GiantのB面の7曲のうち1~6曲目は、CD『Congratulacion』に、ボーナス・トラック17~22として収録されています。



●Conditions of the Gas Giant、2019年8月16日に再発リマスター版がリリースされました!



リリース元: Bureau B (BB 320 2019年8月16日)
主な購入先: アマゾン(CD) アマゾン(LP) ディスクユニオン(CD) ディスクユニオン(LP) HMV(CD) HMV(LP)

(The Northern Hemisphere)
Various Conditions of Moisture on Aldebaran 7
1. Condition 1 (2:29)
2. Condition 2 (5:05)
3. Condition 3 (3:39)
4. Condition 4 (3:56)
5. Condition 5 (2:14)
(The Southern Hemisphere)
Curious Convection Currents of the Gas Giant
6. Condition 1 (3:00)
7. Condition 2 (2:03)
8. Condition 3 (3:46)
9. Condition 4 (2:52)
10. Condition 5 (4:09)
11. Condition 6 (3:24)
12. Condition 7 (5:36)

2019年8月16日、リマスター版『Conditions of the Gas Giant』が、CD/LP/ダウンロードで、ドイツのBureau Bより再発リリースされました。本リリースは、Conさんによるオリジナルのデジタル音源をリマスターしたものです。なお、オリジナルカセット版でカバーアートを提供したマット・ハワースのライナーノートが付いてきます。

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 10:20 PM | comments (0) | trackback (0) |

『CON-MYTHOLOGY 2019』

8月4日はConさんの命日です。米国のGenerations Unlimitedでは、今年もConさんを偲んで『CON-MYTHOLOGY 2019』のイベントを行います。今年は参加型のイベントで、以下の呼びかけを行っています。ぜひご参加を!

=========================================
CONグローバルプレイ

2019年8月4日、みんなの時間帯の午後6時に始めるCONのプレイ。

コンラッド・シュニッツラー(1937-2011)の生涯と音楽を祝うために、コンラッドの音楽のすべてのファンと、コンラッドの音楽にインスパイアされたアーティストやミュージシャンを、CON-MYTHOLOGY 2019に招待します。このイベントに参加するには、2019年8月4日にコンラッドに捧げるグローバル・コン・サートを行ってください。

なぜ6時なのか?
コンラッドは、1989年10月、ニューヨークのGeneratorでの伝説的なパフォーマンスを、ちょうど6時に開始しました。コンラッドはネオイストの6時の祭典が好きで、そのあとの6時の時間帯をふざけたりしながら楽しみました。

参加するには:
皆さんの時間帯の午後6時ちょうどに、自分たちの音楽、またはコンラッドの音楽をプレイしてください。好きなだけ長くプレイしてください。コンラッドが世の中に提供したすべての音楽を味わいながら、そのプレイを楽しんでください。ハッシュタグ #con-mythology2019 を付けて、ソーシャルメディアに写真、オーディオ、または動画を投稿するか、または、オーディオファイルを info@GenerationsUnlimited.net 宛てに送信してください。

Generations Unlimitedは、すべてのサウンドと画像をコラージュして、CON-MYTHOLOGYのウェブサイトにアップします。

| Conrad Schnitzler::イベント情報 | 06:48 PM | comments (0) | trackback (0) |

<< HOME / TOP / < NEWER   OLDER >


CATEGORIES

LINKS

NEWS

POWERED BY